県内ニュース

主要

  • Check

スポーツや震災に関心 県内十大ニュース11位以下

 福島民報の読者が選んだ今年の県内の十大ニュースでは、十一位から二十位にスポーツ・文化関係や東日本大震災と東京電力福島第一原発事故に関する話題が入った。順位は【表】の通り。
 十一位の聖光学院高夏の県大会十二連覇は、第百回全国高校野球選手権記念福島大会の決勝で福島商を下して成し遂げた。
 郡山高の初の合唱日本一は十二位。全日本合唱コンクール全国大会高校部門で金賞と全国一位相当の文部科学大臣賞を受賞した。中学校部門では、混声部門で郡山五が日本一に輝いた。
 震災、原発事故関連では、モニタリングポスト(放射線監視装置)撤去方針に反対の声が十三位。約二千四百台を撤去する原子力規制委員会の方針に対し、住民説明会などで反対の声が相次いだ。
 福島第一原発の汚染水浄化後に残る放射性物質トリチウムを含んだ水の処理を巡る動きが十四位。八月に富岡町と郡山市、東京都で開かれた公聴会で海洋放出に反対する意見が大多数を占めた。
 十五位はアイドルグループ「TOKIO」のCM継続出演。県産農林水産物の風評払拭(ふっしょく)事業で、県が「TOKIO」に引き続き出演を依頼し、七月に新しいテレビCMが披露された。
 五月にいわき市で開かれた国際首脳会議「第八回太平洋・島サミット」が十六位。復興の着実な進展を歓迎・支持するなどとした首脳宣言を採択した。
 十七位に県産桃の東南アジア輸出連続日本一が入った。二〇一七(平成二十九)年にタイ、マレーシア、インドネシアに輸出された県産桃は日本全体の産地別シェア(市場占有率)で二年連続トップとなった。
 二〇二〇年東京五輪が七月二十二日、福島市の県営あづま球場で行われるソフトボール日本戦で競技入りするニュースは十八位。
 会津美里町で東京都の男性の遺体が見つかった殺人・死体遺棄容疑事件は十九位。
 七月のJヴィレッジ(楢葉・広野町)の営業再開は二十位となった。九月に全天候型練習場もオープンした。

■全項目的中なし
 今年の県内十大ニュースの全項目的中者はいなかった。一項目だけ違う八人、十四件にそれぞれ一万円を贈る。
 県内十大ニュースは一九六一(昭和三十六)年から実施している。今回は今月一日から十五日まではがき、ホームページ、携帯サイトで受け付け、合わせて千三百八十六件の応募があった。
 一つ違いの八人は次の通り。
 田辺法子、野地次雄(福島)野村重忠、野村幸子(須賀川)大野金男(泉崎)蓮沼喜一郎、蓮沼敬子(喜多方)遠藤恭代(湯川)

カテゴリー:主要

主要

>>一覧