県内のスポーツ

  • Check

男子・中央台南17位、女子・若松一21位 全国中学駅伝

 第26回全国中学校駅伝大会は16日、滋賀県野洲市の県希望が丘文化公園スポーツゾーン芝生ランドで男子は6区間18キロ、女子は5区間12キロで競った。県勢は男子のいわき市・中央台南が58分18秒で17位、女子の若松一が43分13秒で21位だった。
 都道府県予選を勝ち抜いた男女各47校に開催地枠の1校を加えた男女各48校が出場した。桂(京都)が男女とも制し、男子は56分33秒の大会新、女子は41分34秒だった。日本陸連、日本中体連などの主催。
 中央台南は1区鍔颯人(3年)が23位でタスキをつないだ。2区遠藤輝(同)が25位に順位を下げたが3区斎藤誠樹(同)が再び23位に浮上。4区川田聖真(2年)と5区植村真登(1年)が快走し、15位につけた。6区秋元翔太(同)は順位を二つ下げて、総合17位でフィニッシュした。
 若松一は1区小島さくら(3年)が8位につけると、2区小島彩乃(同)の好走で5位に押し上げた。3区安斉優来(2年)が18位、4区五十嵐華愛(1年)が25位でタスキをつなぐと、6区馬場理奈(同)が4人をかわす力走を見せ、総合21位でフィニッシュした。

カテゴリー:福島のスポーツ

区間3位の懸命な走りでチームに貢献した5区植村
区間3位の懸命な走りでチームに貢献した5区植村
2区小島彩乃にタスキをつなぐ1区小島さくら(右)
2区小島彩乃にタスキをつなぐ1区小島さくら(右)

福島のスポーツ

>>一覧