県内ニュース

主要

  • Check

豪雨被害支援本県に謝意 岡山県倉敷市長が県庁来訪

 西日本豪雨で被害を受けた岡山県倉敷市の伊東香織市長は十七日、県庁を訪れ、畠利行副知事に県の支援に対する謝意を伝えた。
 伊東市長は市内の被害状況を説明した上で「保健師派遣などの支援に感謝しています。復興に向けて頑張って行きたい」と述べた。畠副知事は「復旧には時間がかかるが、しっかりと取り組んでください」などと激励した。河野裕市総務局参与兼防災危機管理室危機管理監が同席した。
 県は豪雨被害発生後、倉敷市に保健師ら計二十人を派遣するなど被災者支援に当たってきた。
 伊東市長らは同日、相馬市と南相馬市も訪れた。

カテゴリー:主要

畠副知事に謝意を伝える伊東市長(中央)と河野危機管理監(右)
畠副知事に謝意を伝える伊東市長(中央)と河野危機管理監(右)

主要

>>一覧