県内ニュース

主要

  • Check

カーシェア実証事業始まる 浪江

 福島イノベーション・コースト構想推進機構は十八日、乗用車を共同利用するサービスの実証事業「はまモビ」を浪江町で始めた。JR常磐線の浪江駅近くに電気自動車「リーフ」四台と充電ステーションを設け、二十四時間利用できる。来年三月末まで実施する。
 全国でカーシェアリングサービスを手掛ける日産自動車に機構が委託した。専用サイトで会員登録と車両の予約をする。一回最長七十二時間まで利用できる。十五分から九時間までの利用料金は一時間当たり八百円。利用時間が長いほど安価になる。
 開始式典には県、機構、日産、浪江町から約二十人が出席した。吉田数博町長は「町民や町を訪れる事業者、研究者、観光客らの足確保につながる」と期待した。
 機構は来年一月末にも富岡町の富岡駅周辺にステーションを増設する。常磐線の不通が続く浪江-富岡駅間での運用開始を目指す。
 専用サイトはhttps://e-sharemobi.com/hamamobi/

カテゴリー:主要

浪江駅(奥)近くに設置されたステーションを出発するリーフ
浪江駅(奥)近くに設置されたステーションを出発するリーフ

主要

>>一覧