県内ニュース

主要

  • Check

県、国際協力大使に委嘱 県内出身海外協力隊員ら3人

 県は十八日、国際協力機構(JICA)の青年海外協力隊員などとして海外に派遣される三人を「うつくしま国際協力大使」に委嘱した。派遣期間は二年。
 委嘱を受けたのは青年海外協力隊員の松山里美さん(38)=スリランカ派遣、相馬市出身=、海野陽平さん(23)=タンザニア派遣、いわき市出身=、日系社会青年ボランティアの小林由布佳(ゆうか)さん(21)=ブラジル派遣、会津若松市出身=。
 県庁で内堀雅雄知事が三人に委嘱状を手渡し「東日本大震災後に世界中から受けた支援に対する感謝の気持ちを伝え、福島の現状を発信してほしい」と激励した。
 帰国隊員の報告も行われ、青年海外協力隊員の鈴木玲南さん(26)=モロッコ派遣、田村市出身=、阿部翔太さん(27)=ニカラグア派遣、いわき市出身=が活動の様子を語った。
 洲崎毅浩JICA二本松青年海外協力隊訓練所長、吉田淳平ふくしま青年海外協力隊の会長が同席した。

カテゴリー:主要

うつくしま国際協力大使に委嘱された(左から)松山さん、海野さん、小林さん
うつくしま国際協力大使に委嘱された(左から)松山さん、海野さん、小林さん

主要

>>一覧