県内ニュース

主要

  • Check

「川俣シャモ」世界へ羽ばたけ 町がPR動画初制作

 川俣町は特産地鶏「川俣シャモ」のPR動画を初めて制作し、動画投稿サイト「ユーチューブ」での公開を始めた。
 約三分半の映像のうち前半は、生産農家などでつくる川俣シャモ振興会の会員インタビューで構成した。他の鶏よりも長い飼育期間や抗生物質を使わない餌、ストレスをかけない広々とした鶏舎といったこだわりを熱く語っている。
 後半は五人の料理研究家が川俣シャモを使った唐揚げ、カレー、オープンサンドなどを紹介。歯応えの良さとうま味の強さなどを特徴とし、イタリア料理やインド料理にも合う川俣シャモに太鼓判を押している。
 福島相双復興推進機構の町まちづくり専門家支援業務の一環で、PR企画の立案などを手掛けるアンティル(東京都)が撮影などを担った。今後は町ホームページでも閲覧できるようにする。町産業課主任主査兼商工交流係長の藤原貴範さんは「生産者が鶏に注ぐ愛情の大きさや、手軽に作れる川俣シャモ料理を知ってほしい」とアピールしている。
 問い合わせは町産業課商工交流係 電話024(566)2111(内線1505)へ。

カテゴリー:主要

シャモへの生産農家の愛情などが分かるPR動画の一場面
シャモへの生産農家の愛情などが分かるPR動画の一場面

主要

>>一覧