県内ニュース

主要

  • Check

富岡町民劇「ホーム」 発表会の支援募る

 NPO法人「富岡町3・11を語る会」(青木淑子代表)は、福島民報社のクラウドファンディング「応援資金で地域と産業を元気にするサイト フレフレふくしま応援団」を利用し、町民劇「ホーム」発表会への支援を募っている。
 発表会は来年一月二十六日、町文化交流センター「学びの森」で開かれる。東京電力福島第一原発事故に伴う避難指示の一部解除を受け、劇を通して帰還した町民らを元気づける。一般町民のほか富岡高卒の俳優鈴木文健さんが出演する。脚本、演出は郡山市出身の演出家野崎美子さんが担当する。
 クラウドファンディングでは目標金額を百五十万円とした。支援は一口三千円から十万円までの六つのコースがある。支援金額により、発表会招待チケットなどの返礼品がもらえる。二月八日に締め切る。カード決済と銀行振り込みに対応している。企画は、復興庁の被災三県を対象としたクラウドファンディング支援事業に採択された。
 フレフレふくしま応援団は、地域に貢献する事業や企業の取り組みへの資金をウェブサイトで募る。福島民報社が、いわき市のキックオフの協力、東邦、福島、大東の各銀行、県信用金庫協会、県信用組合協会の連携を得て運営している。詳細はウェブサイトで紹介している。URLはhttp://www.kickoffjapan.com/fukushima/

カテゴリー:主要

主要

>>一覧