県内ニュース

  • Check

県北、会津で大雪 福島で20センチ、檜枝岐87センチ

 二十八日の県内は強い冬型の気圧配置の影響で寒気が流れ込んできたため、県北地方や会津で雪となった。同日午後六時現在の積雪は檜枝岐村で八七センチ、只見町で五二センチ、南会津町田島で二三センチ、福島市で二〇センチだった。
 最低気温は県内三十二観測地点全てで氷点下となった。福島市鷲倉では今季最低となる氷点下一〇・七度を記録。檜枝岐村で同八・〇度、北塩原村桧原で同七・一度だった。
 平年に比べ十倍の積雪となった福島市のJR福島駅前では朝から雪が吹き付け、買い物客らがうつむき気味に目的地へと急いでいた。

■県内ダイヤに乱れ
 雪や強風の影響で二十八日、県内の鉄道はダイヤが乱れた。JR奥羽線は除雪のため、福島-米沢駅間の普通列車が始発から終日、運休した。約五百六十人に影響した。
 強風が吹いた常磐線いわき-富岡駅間では午前中、速度を落として運行した。上下の普通列車二本が運休し、上下の普通列車七本が最大四十五分遅れた。約九百人に影響した。

カテゴリー:今日の撮れたて

雪が吹き付ける中、先を急ぐ市民ら=28日午後2時40分ごろ、福島市のJR福島駅前
雪が吹き付ける中、先を急ぐ市民ら=28日午後2時40分ごろ、福島市のJR福島駅前

今日の撮れたて

>>一覧