県内ニュース

  • Check

「福々袋」で夢かなえ

 福島市の中合福島店は三十日、市内の中合物流センターで初売りに向けた福袋の袋詰め作業を行った。
 法被姿の社員八人が幅五十七センチ、高さ一メートルの「福々袋」に寝具や生活雑貨、食品など二万八千円から三万二千円相当の品を詰め込んだ。一万八百円(税込み)で百袋を販売する。物産購入券千円分が入っている。
 福々袋のプレミアム版「福風呂敷」も五個限定販売する。高級寝具やブランド品など五万五千円相当が入っており、三万二千四百円(税込み)。
 一月一日午前八時から東側店頭で整理券を配布し、午前八時半から販売を開始する。

カテゴリー:今日の撮れたて

初売りに向け、次々に袋詰めされる中合福島店の「福々袋」
初売りに向け、次々に袋詰めされる中合福島店の「福々袋」

今日の撮れたて

>>一覧