県内ニュース

主要

  • Check

威勢よく初競り 福島県内各地の卸売市場

 県内各地の卸売市場で五日、初競りが行われ、競り人の威勢のいい掛け声が響いた。
 福島市公設地方卸売市場では水産物、青果の両部の「初せり式」を行った。木幡浩市長があいさつし、出席者が手締めで今年一年の活況を祈願した。
 水産物部には相馬沖で取れたヒラメや北海道沖のナメタガレイなどが並び、仲卸売業者が次々に競り落とした。福島丸公によると、魚の状態によるが通常ヒラメは一キロ当たり二千五百円程度で取引されるが、この日は約三千三百円の「ご祝儀相場」だった。
 青果部ではミカンやリンゴなどを盛り付けた宝船が五隻飾られ、競りにかけられた。二本松市の和雅美太鼓による太鼓演奏や獅子舞が会場を盛り上げた。
 いわき市中央卸売市場の水産棟には、メバチマグロやイカ、イワシなど約十種類が並び、競りの開始を告げる鐘の音が響いた。清水敏男市長があいさつした。

カテゴリー:主要

相馬沖のヒラメが並び、威勢のいい掛け声が響く初競り=福島市公設地方卸売市場水産物部
相馬沖のヒラメが並び、威勢のいい掛け声が響く初競り=福島市公設地方卸売市場水産物部

主要

>>一覧