県内ニュース

主要

  • Check

知財で浜通り活性 活用プロジェクト、いわきで第2弾セミナー

 特許庁の福島知財(知的財産)活用プロジェクト第二弾のセミナー「イノベーション・コースト(福島・国際研究産業都市)構想を未来につなぐ人・ビジネス」は三十一日、いわき市のいわき産業創造館で催された。二つのパネルディスカッションを通じて復興を支える人材を育て、知財で浜通りを活性化させる方策を考えた。

 一部は「知財×教育×経営 イノベ構想を支える人・知財教育」を題材に意見を交わした。ポリ乳酸加工技術を確立して国内外で多くの特許を取得してきた小松技術士事務所の小松道男所長は福島高専で知財を指導していると紹介した。「世界を変えられる発明家が福島から出てきてほしい」と願った。
 福島高専の大槻正伸副校長は知財教育が同校の必修科目と述べ、「復興の現場で活躍できる人材を育てる」と誓った。アルパインの草野学法務・知的財産部知的財産グループマネージャーは新規事業開拓時に知財の分析が必要とした上で「全社員に知財の重要性を伝えている」と述べた。
 佐藤辰彦元日本弁理士会長(ふくしま産業賞選考委員)は戦略的な知財創造サイクルの構築が大切と指摘した。「国際競争力がある事業を創出するため、知財を利活用できる人材が求められている」と訴えた。
 二部は「知財×環境・エネルギー イノベ構想から生まれるビジネス・知的財産」をテーマに話し合った。第四回ふくしま産業賞で最高賞の知事賞に輝いた東洋システムの庄司秀樹代表取締役は低迷期に多くの特許を出願し、十年後に売り上げを倍増させたと明かした。市内に蓄電池関連産業を集積するバッテリーバレー構想に関し「知財を活用し、高い付加価値を生み出したい」と意気込んだ。
 知財の効果について、ひまわり信用金庫の台正昭理事長は「企業を成長させ、地域の成長につながる」、石曽根智昭市産業振興部長は「オンリーワンの技術を確立するために大切だ」と語った。
 同庁の小林英司総務部普及支援課企画調査官は「産学官金と支援機関による新産業の創出、若い人材の育成などいわき市は発展する環境が整っている」と強調した。
 同庁の米村猛総務部長は主催者あいさつで「イノベーション・コースト構想のもと、知財の福島モデルを創り上げたい」と意気込みを話した。

■3月6日、郡山で第3弾
 福島知財活用プロジェクト第三弾で最終回のセミナーは三月六日午後一時半から同四時半まで郡山市の郡山商工会議所で催される。
 福島における知財活用の進展に関するテーマで開催する。プログラムは【下記】の通り。
 二つのパネルディスカッションがあり、一部は医療関連産業と知財を考える。二部は本県の知財の現状と課題について意見を交わす。企業、医療関係者、弁理士、大学関係者らが登壇する。
 セミナーに先立ち、午後一時から特許庁職員が知財を分かりやすく解説するショートセミナーを催す。特許庁の知財に関する無料相談会が午前十時から午後四時まで繰り広げられる。
 事前申込制で、専用のウェブサイトで受け付けている。聴講無料。QRコードからもウェブを見ることができる。アドレスはhttps://fukushima-ip.go.jp/

■イノベ構想を発展させたい 安栖事務局次長
 福島イノベーション・コースト構想推進機構の安栖宏隆事務局次長が「福島イノベーション・コースト構想の取り組み」と題し特別講演した。ロボットや医学、エネルギーなどの重点分野に関わり、福島再生に貢献する姿勢があればイノベーション企業に該当するとした。「知財を生かしてイノベーション・コースト構想を発展させたい」と語った。

■総合支援窓口が出展し無料相談
 いわき産業創造館で開かれた、「いわき地域産業イノベーション展・ビジネスマッチングEXPO」の会場では特許庁・INPIT知財総合支援窓口が出展し、無料相談を受け付けた。
 中小企業などを対象にした、知財に関する県内唯一の窓口。五人の支援担当者が常駐し、窓口での相談と、企業などへの訪問相談を行っている。会場では担当者が企業が持つ技術の生かし方や知財の取得、活用方法などについて説明した。

■福島知財活用プロジェクト第3弾の概要
テーマ:「福島における知財活用の進展(医療、そして)」(仮)
開催日:3月6日(水)
場 所:郡山市・郡山商工会議所
時 間:午後1時30分から午後4時30分
▼パネルディスカッション第1部「思い切り医療関連産業!~知財活用の有効性~」(仮)
パネリスト
・朴栄光イービーエム社長
・横山斉福島医大教授
モデレーター
・佐藤辰彦元日本弁理士会長
▼パネルディスカッション第2部「福島県における知財活用の現状と課題」(仮)
パネリスト
・福井邦顕日本全薬工業会長
・服部靖弘エネルギー・エージェンシーふくしま代表
・柿崎隆夫日大工学部工学研究所次長
モデレーター
・小林英司特許庁総務部普及支援課企画調査官
※午後1時 ショートセミナー 知財とは

■知財広め隊セミナー最終回 活用の重要性呼び掛け 8日郡山
 日本弁理士会が知的財産の有用性を認識してもらうため全国で展開してきた「知財広め隊セミナー」の最終回は、八日午前十時から郡山市のホテルハマツで開かれる。三十一日までに概要が固まり、共催の県が発表した。
 同会次期会長の清水善広氏が「地元の知恵を『カタチ』にする知財戦略」と題し、知財活用の重要性などを呼び掛ける。終了後に昼食懇談会を開く。参加者が専門家と気軽に意見交換できる。
 同じ会場で午後一時から福島民報社主催の「ふくしま産業賞」の表彰式が行われる。セミナー、表彰式とも誰でも聴講、見学できる。入場無料。セミナーは事前申し込みが必要で、定員は百人。セミナーは日本弁理士会と同会東北支部の主催で県の共催、特許庁、福島民報社などの後援。
 セミナーの申し込みと問い合わせは日本弁理士会事務局 電話03(3519)2709へ。

カテゴリー:主要

知財×教育×経営などについて意見を交わす(左から)佐藤、小松、大槻、草野の各氏
知財×教育×経営などについて意見を交わす(左から)佐藤、小松、大槻、草野の各氏
知財×環境・エネルギーなどについて意見を交わす(左から)小林、庄司、台、石曽根の各氏
知財×環境・エネルギーなどについて意見を交わす(左から)小林、庄司、台、石曽根の各氏

主要

>>一覧