県内ニュース

  • Check

畑一面に早春の味覚 フキノトウ収穫、天栄で本格化

 二十四節気の一つ「立春」の四日、県内は南から暖かな空気が流れ込み、午前中は各地で気温が上がった。福島地方気象台によると、最高気温はいわき市小名浜一五・六度、浪江町一三・七度、福島市一一・三度となるなど、三月上旬から四月中旬並みの暖かさとなった。
 天栄村沖内の農業内山幸義さん(71)方の畑では早春の味覚フキノトウの収穫が本格化している。内山さんと妻里子さん(70)が丸く膨らんだフキノトウを一つ一つ丁寧に摘み取っている。JA夢みなみを通して東京方面の市場に出荷される。
 午後は低気圧が発達しながら北日本を通過し、県内各地で西よりの強い風が吹いた。同気象台によると、同日午後六時現在の最大瞬間風速は広野町の二九・〇メートル、浪江町の二六・六メートルとそれぞれ二月としては観測史上最大を記録した。五日は中・浜通りが晴れ、会津地方が曇りや晴れの見込み。

カテゴリー:今日の撮れたて

内山さんの畑で収穫期を迎えたフキノトウ
内山さんの畑で収穫期を迎えたフキノトウ

今日の撮れたて

>>一覧