県内ニュース

  • Check

9日まで絵ろうそくまつり 若松

 会津若松市の冬の風物詩「会津絵ろうそくまつり-ゆきほたる-」は八、九の両日、鶴ケ城と御薬園をメインに市内各所で催されている。
 会津青年会議所、会津まつり協会などでつくる実行委員会の主催で、二十回の節目を迎えた。メイン二会場では燭台(しょくだい)や瓦燈(がとう)などに入れた約一万本のろうそくが温かな光を広げている。
 このうち鶴ケ城では八日に点灯式を行い、平成生まれの子どもや若者が市内でリレーした火を絵ろうそくにともした。ろうそくを並べ干支(えと)のイノシシなど浮かび上がらせる地上絵、園児の絵を貼り付けたあんどんなどが設置されている。九日は午後五時半から九時まで。天守閣は九時(入場締め切り八時半)まで登閣できる。

カテゴリー:今日の撮れたて

ろうそくの温かな光が広がる鶴ケ城
ろうそくの温かな光が広がる鶴ケ城

今日の撮れたて

>>一覧