県内ニュース

「島サミット」高校生応援隊を任命 いわき

清水市長(前列中央)から任命状を受け、活躍を誓う高校生
 5月にいわき市で開かれる「第8回太平洋・島サミット」でPR活動や各種イベントの補助を務める高校生応援隊の任命式は20日、市文化センターで行われた。 清水敏男市長が公募で選ばれた市内の高校生隊員に任命状を手渡した。隊員が一言ずつ抱負を語った。将来...[記事全文

カテゴリー:主要

愛沢崇さん・須木ひろ子さん特選 NHK全国短歌大会

帰還した浪江町の自宅で思いを語る愛沢さん
 NHK全国短歌大会は20日、東京・渋谷のNHKホールで開かれ、一般の部で浪江町の愛沢崇さん(83)と郡山市の須木ひろ子さん(74)の短歌が最高賞の大会大賞に次ぐ特選に輝いた。 愛沢さんは「帰還して海山川や光さえ我がものとなるふるさとの朝」とうた...[記事全文

カテゴリー:主要

「民報年鑑」22日発刊

県内の情報を満載した民報年鑑2017~2018版
 福島民報社は「福島がもっと好きになる。民報年鑑2017~2018」を22日に発刊する。 サイズは持ち運びしやすいハンドブック型のB6変形判で、432ページ。「福島県7エリアガイド」では県をはじめ県内59市町村の名産品や名所、伝統祭事などの魅力を...[記事全文

カテゴリー:主要

「鯉食キャンペーン」始まる 2月28日まで郡山

鯉のタルタルを手にする佐藤代表
 特産の鯉(こい)の振興を目指す郡山市の「鯉食キャンペーン“旬”」は20日、市内で始まった。過去最多の46店舗が参加し、趣向を凝らした独自メニューを提供している。2月28日まで。 3回目の今回は、和洋中さまざまな料理に加え、新たにおにぎりやハンバ...[記事全文

カテゴリー:主要

「ホッキ飯弁当」販売開始 小高産技高とイオン開発

弁当をPRする木幡さん(左から2人目)、斉藤さん(右)
 南相馬市小高区の小高産業技術高とイオン(本社・千葉市)が共同開発した「食べてみっせ~!ホッキ飯弁当」の販売会は20日、同市原町区のイオンスーパーセンター南相馬店で行われた。 弁当は税込み537円。相馬地方の郷土料理・ホッキ飯やいかにんじん、相馬...[記事全文

カテゴリー:主要

田んぼリンク一般開放スタート 川俣町山木屋

田んぼリンクで楽しく滑る子供ら
 東京電力福島第一原発事故に伴う避難指示が昨年3月末に解除された川俣町山木屋の田んぼリンク「絹の里やまきやスケートリンク」は20日、今季の一般開放をスタートした。避難指示解除後の開放は初めて。 厚さ10~15センチの氷が張った天然リンクに子供らの...[記事全文

カテゴリー:主要

スノーパーク・かまくら広場オープン 芦ノ牧温泉

バナナボートに乗って雪原を滑走する子どもたち
 会津若松市芦ノ牧温泉に20日、雪遊びが楽しめるスノーパークと、かまくら広場がオープンした。初日から家族連れらが訪れ、歓声を響かせた。 スノータウン構想を掲げる芦ノ牧温泉観光協会が冬の観光誘客のために初めて整備した。スノーパークはサッカー場1・5...[記事全文

カテゴリー:主要

南会津の戊辰に光 記念事業で誘客

河井継之助の写真を掲げ、只見の戊辰150周年事業をPRする飯塚会長。右は雪解け後に設置する史跡標柱
 戊辰戦争150年の今年、南会津地方の「知られざる戊辰」に光を当てようと、南会津地方の町村や文化団体は県とともに点在する激戦地の関連史跡を地域の資源として生かし、歴史ファンらに発信する。標柱を立て、散策マップを作るなどし、地域再発見や観光誘客につなげる。...[記事全文

カテゴリー:主要

成果の市町村に財政支援 医療費、国保税抑制 新年度から県

 4月に国民健康保険(国保)の運営主体が市町村から県に移るのに合わせ、県は2018(平成30)年度から医療費と保険料(税)の抑制に成果を挙げた市町村に財政支援する方針を固めた。特定健診や特定保健指導の受診率など8項目を市町村別に評価して支援金の額を計算し...[記事全文

カテゴリー:主要

復興や将来語り合う 福島医大が県民公開大学

若者と復興や未来について語り合う(左から)山崎、宮田、小泉、佐々木の各氏
 「復興からイノベーションへ」と題した福島医大の県民公開大学は20日、福島市のとうほう・みんなの文化センター(県文化センター)で開かれた。小泉進次郎衆院議員ら各界の著名人と県内の若者が語り合った。 小泉氏とクリエイティブディレクター佐々木宏氏、東...[記事全文

カテゴリー:主要