県内ニュース

第一原発構内で停電 凍土遮水壁一部設備停止

 東京電力は28日、福島第一原発で同日午前3時40分ごろ、原子炉建屋周囲の地中を凍らせる「凍土遮水壁」の冷却設備の一部や汚染水からセシウムを除去する装置、敷地内の信号機などが停電により停止したと発表した。凍土遮水壁は一部の復旧を完了し、凍結機能に影響はな...[記事全文

カテゴリー:主要

五輪まで毎年開催へ 東京都心で東北6祭り 今年は11月20日有力

 政府は11月に東京都心で開催する「東北六魂(ろっこん)祭」と同様のイベントを、2020(平成32)年の東京五輪・パラリンピックの機運を盛り上げていくため、五輪まで毎年開催する方向で検討に入った。青森県での六魂祭が26日閉幕したことを受け、今後、祭実行委...[記事全文

カテゴリー:主要

「雇用、社名は維持」 宮森社長が従業員に説明 榮川酒造再建

 榮川酒造(本社・会津若松市)の再生支援決定から一夜明けた28日、宮森優治社長(50)は磐梯町にある同社磐梯工場で、従業員に再生支援申請の経緯や経営再建の方針などを説明した。 午前8時半から始まった説明会には全従業員約50人が出席した。宮森社長は...[記事全文

カテゴリー:主要

廃棄物搬入で安全協定 富岡の処分場計画 国と県、富岡、楢葉

 東京電力福島第一原発事故で発生した県内の指定廃棄物を富岡町の管理型処分場で埋め立てる国の計画を巡り、環境省は27日、富岡町、廃棄物の搬入路がある楢葉町、県の三者と安全協定を締結した。丸川珠代環境相が28日の閣議後記者会見で明らかにした。今後、両町の地元...[記事全文

カテゴリー:主要

脱原発5議案を否決 東北電力株主総会

 東北電力は28日、仙台市で株主総会を開き、原子力発電所の再稼働禁止などを定款に加えることを求めた株主提案の5議案を否決した。 株主提案の5議案について、福島民報社が事前に行った取材によると、議決権を持つ県と県内19市町村のうち、会津美里町が反対...[記事全文

カテゴリー:主要

CAコンテナで輸出 県産農産物振興へ県検証 タイ向けモモ7月1日輸送開始

 県は青果物の鮮度を保てる大気調整(CA)コンテナを活用した県産農産物の海外輸出を促進する。トップセールスで取引拡大に成功したタイへのモモの試験輸送を1日に開始し、ブドウやナシなど他の果物につなげる。桜田議員の質問に橋本明良観光交流局長が答えた。...[記事全文

カテゴリー:主要

本県沖のヒラメ 操業自粛で増加、大型化 

 県は本県沖のヒラメの出荷制限解除を受け、高値で売るための漁獲サイズの拡大や出荷方法などについて漁業者や流通業者との協議に乗り出した。秋口ごろの試験操業までに一定の合意を形成したい考え。矢吹議員の質問に小野農林水産部長が答えた。 操業自粛でヒラメ...[記事全文

カテゴリー:主要

佐藤選手(東邦銀行陸上部)に質問 福大付属中で学習指導要領改定控え研究会 

佐藤選手(右)に熱心に質問する生徒
 学習指導要領の改定を見据えた学習指導法研究会は28、29の両日、福島市の福島大付属中で開かれている。 同校、福島大の主催、県教委の共催。「主体的・協働的に学び、次代を創り出す生徒の育成」をテーマに2日間で計21の公開授業や各教科分科会などを予定...[記事全文

カテゴリー:主要

福田小(新地)、灘小(神戸)ネットで交流 郷土学習成果新聞形式に

 新地町の福田小は今年度、情報通信技術(ICT)を活用した郷土学習に取り組む。神戸市の灘小とインターネットで結んだ交流授業などを繰り広げ、成果はタブレット端末で新聞形式にまとめる。 学校教育でICTの活用を探る「総務省ICTドリームスクー...[記事全文

カテゴリー:主要

公開先立ち特別展 超高速!参勤交代リターンズ 7月16日からいわき

佐々木さんや深田さんが参加し、昨年9月にいわき市暮らしの伝承郷で行われたロケ
 映画「超高速!参勤交代 リターンズ」が9月10日に全国公開されるのを前に、いわき市暮らしの伝承郷は7月16日から8月28日まで市内鹿島町の同施設でロケの写真などを展示する特別展を開催する。 映画を応援する会の共催。映画のロケは昨年9月に同施設や...[記事全文

カテゴリー:主要