県内ニュース

奥会津周遊へバス運行 来月から2月末

 JR只見線の冬期間の利活用や奥会津地域への誘客に向け、県は来年一月一日から二月末まで、JR会津若松駅(会津若松市)-会津宮下駅(三島町)を往復する路線バスの運行を計画している。沿線の雪景色を楽しむ観光客に交通手段を提供する。企画環境委員会で示した。[記事全文

カテゴリー:主要

埼玉県教委と協定締結 新たな学力調査へ 県教委

 県教委は二〇一九年度に始める小学四年生から中学二年生を対象とした新たな県学力調査に向け、連携する方針を固めていた埼玉県教委と二十五日に協定を締結する。商労文教委で示した。 調査問題の作成や結果の分析、教員研修などを共同で行い、両県の児童生徒の学...[記事全文

カテゴリー:主要

15日「廃炉ロボコン」 楢葉福島高専など16校出場

15日の本番を前にロボットを調整する高専生
 全国の高専生が製作した廃炉ロボットの性能を競う「第三回廃炉創造ロボコン」は十五日、楢葉町の日本原子力研究開発機構(JAEA)楢葉遠隔技術開発センターで開かれる。十四日は会場でテストランやプレゼンテーションが開かれた。 文部科学省と全国の高専など...[記事全文

カテゴリー:主要

就職支援協定締結 県と神奈川工科大

就職支援協定を結ぶ橋本部長(右)と長谷部部長
 県は十四日、神奈川県の神奈川工科大と学生就職支援協定を結んだ。学生の県内へのUターン・Iターン就職を促す。 学生に県内企業の情報を発信する。学内での企業説明会開催やインターンシップなどにも協力して取り組む。 協定締結式は県庁で行われ、橋...[記事全文

カテゴリー:主要

年末ジャンボ購入を 県が呼び掛け 収益は被災地支援に

年末ジャンボ宝くじの購入を呼び掛ける県の担当者
 年末ジャンボ宝くじの販売は二十一日で終了する。収益の一部は自治体の財源や各地で相次いだ地震・豪雨災害の被災地支援に充てられるため、県は購入を呼び掛けている。 年末ジャンボをはじめとする各種宝くじは発売総額のうち、賞金や経費を除く約四割が発売元の...[記事全文

カテゴリー:主要

東京五輪に当地の食材を 都道府県意向調査

 政府の二〇二〇年東京五輪・パラリンピック推進本部と農林水産省は十四日、四十七都道府県を対象にした、選手村や競技会場への地元食材供給の意向調査結果を公表した。コメなどの主食、野菜類など五品目全てで選手村で必要な目安量を大幅に上回り、各自治体の積極的な姿勢...[記事全文

カテゴリー:主要

日本一の酒飲み比べ 福島金賞受賞蔵を楽しむ夕べ

金賞受賞蔵の日本酒を楽しむ来場者ら
 今年の県秋季鑑評会で金賞に輝いた蔵元の酒を味わう「金賞受賞蔵の酒を楽しむ夕べ」は十四日、福島市のサンパレス福島で開かれ、出席者が蔵元自慢の酒を飲み比べ福島の酒を堪能した。 県酒造組合の主催。開会に先立ち、県秋季鑑評会知事賞受賞式が行われた。畠利...[記事全文

カテゴリー:主要

有名企業カレンダー・手帳 22日にバザール 民報ビル

県内外の有名企業などから寄せられた2019年カレンダー
 「2019有名企業カレンダー・手帳チャリティーバザール」は二十二日午前九時から、福島市の民報ビル三階で開かれる。午後二時まで。 福島民報社と福島民報教育福祉事業団の主催。県内をはじめ全国の有名企業など八十七社・団体から寄せられたカレンダーと手帳...[記事全文

カテゴリー:主要

1月13日午後3時開通 郡山中央スマートIC

 二〇一九(平成三十一)年一月十三日に開通見通しとなっていた郡山市の東北自動車道郡山中央スマートインターチェンジ(IC)は、同日午後三時から通行可能となる。市と東日本高速道路が十四日、正式発表した。 開通に先立ち、式典を行う予定。主な通行料金は【...[記事全文

カテゴリー:主要

蜂蜜酒で北塩原PR オオヤマザクラから採集

オオヤマザクラの蜂蜜を使った「桜峠のハニーワイン」
 北塩原村は、村内の桜の名所・大塩桜峠の「オオヤマザクラ」から取れた蜂蜜を使った蜂蜜酒「桜峠のハニーワイン」を特産品として売り出し、観光誘客につなげる。年内にも村内で販売を始めるほか、ふるさと納税の返礼品に加え、県外にもPRする。十四日に村が発表した。[記事全文

カテゴリー:主要