県内ニュース

福島の味と技人気 英国で日本文化発信イベント

ロンドンのハイパージャパンウインター会場で「羊羹ファンタジア」を紹介する長門屋本店の鈴木哲也社長(左)と静副社長
 ロンドンで十六日から三日間にわたり催された日本文化発信イベント「ハイパージャパンウインター」で、本県の和菓子や工芸品が販売された。会津若松市の長門屋本店と関美工堂、白河市の白河だるま総本舗渡辺だるま店が出展し、ふくしまの味と技が注目を集めた。 ...[記事全文

カテゴリー:主要

ASEANの留学生県内ツアー 初日は本宮、平田を訪問

ビールの製造に理解を深める参加者
 東南アジア諸国からの留学生が日本の誇る安全・安心な食産業のシステム「フード・バリュー・チェーン」について学ぶツアーは十九日、県内で始まった。東京電力福島第一原発事故から復興し、最先端の食産業を体現する県内の生産や流通の現場を実際に見てもらうことで、風評...[記事全文

カテゴリー:主要

心身の健康づくり実践 取り組み不十分7割

 県は十九日、今年度の県政世論調査の結果を発表した。心身の健康づくりを実践しているかを聞いたところ、「何かしたいが、ほとんど実践できていない」と「少しは実践できているが、十分ではない」の回答を合わせて約七割が自身の健康づくりの取り組みを不十分と感じていた...[記事全文

カテゴリー:主要

九谷毛筆細字の超絶技巧 21日から田村敬星さん展

 九谷焼の磁器に九谷毛筆細字を描く技法を一子相伝で受け継いでいる田村敬星さんの作品展は二十一日、郡山市のうすい百貨店・十階催事場で開幕する。二十七日まで。 福島民報社の主催。九谷毛筆細字とは、万葉集や百人一首などの和歌の文字を極細の毛筆で磁器に描...[記事全文

カテゴリー:主要

ラジオ福島FM補完中継3局 総務省から免許状交付

伊丹局長(右から2人目)から免許状を受ける半野社長(同3人目)と菅野本部長(右)、鹿山部長
 ラジオ福島は十九日、会津若松市、いわき市、南相馬市原町区に設置するFM補完中継局三局の免許を総務省東北総合通信局から交付された。AM放送の難聴解消と音質向上が目的で、十二月一日に開局する。 放送区域は会津若松市のrfc若松FM補完中継局が磐梯、...[記事全文

カテゴリー:主要

「県の名工」12人表彰 県職業能力開発促進大会

鈴木副知事から表彰を受ける安斎さん(右)
 県職業能力開発促進大会は十九日、福島市のウェディングエルティで開かれ、二〇一八(平成三十)年度の県卓越技能者知事表彰(県の名工)の受賞者らを表彰した。 関係者約百人が出席した。鈴木正晃副知事が安斎征治さん(74)=木製家具建具製造工・安斎木工所...[記事全文

カテゴリー:主要

東邦銀行カレンダー配布 斎正機さんの作品採用

斎さんの絵が採用されているカレンダー
 東邦銀行は二十日から本店と各支店で二〇一九年のカレンダーを配布する。福島市出身の画家斎正機さんがいわき市の塩屋埼灯台を描いた作品を採用している。 絵のタイトルは「塩屋埼灯台ト共ニ」。灯台から手を振る子どもや、悠然と空を飛ぶツバメの情景が日本画で...[記事全文

カテゴリー:主要

相馬の建設2社1月合併 小野中村と平沢

社業のさらなる発展を誓う(右から)小野会長、平沢社長、植村社長
 相馬市の建設会社・小野中村と同市の平沢建設工業は来年一月一日に経営統合する。合併後の社名は小野中村を維持する。営業力や経営基盤を強化するとともに技術者の確保につなげる。 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故からの復興需要がピークアウトを迎える...[記事全文

カテゴリー:主要

家電販売店員が省エネ助言 県と電機商工組合が協定

協定を交わす(右から)高橋、国分、大島、菅原の各氏
 県と県電機商工組合は十二月に家電販売などの際に店員が省エネについて助言する「ふくしまエコライフマイスター事業」を始める。十九日に県庁で県と組合が地球温暖化対策の推進に関する協定を締結した。 組合加盟店の家電販売員のうち、県の研修を受け、省エネな...[記事全文

カテゴリー:主要

フジデノロ新工場竣工 県内から100人雇用目標

完成したフジデノロの第一工場(右)と第二工場
 白河市東工業団地に整備を進めていたフジデノロ(本社・愛知県小牧市)の新工場竣工(しゅんこう)式は十九日、市内東の同工場で行われた。同社が県内に工場を設けるのは初めて。 寝具メーカーの工場跡地を約三億円で改修し、工場内設備の整備に県のふくしま産業...[記事全文

カテゴリー:主要