県内ニュース

290円中華そば復活 幸楽苑15日から10日間限定

新井田社長(右)と佐野広報担当室長
 ラーメンチェーン店大手の幸楽苑ホールディングス(本社・郡山市)は十五日から二十四日までの期間限定で一杯二百九十円(税抜き)の低価格で人気を集めたラーメンを「中華そばクラシック」として復活させる。全五百十店で二百九十円(同)で販売する。 創業六十...[記事全文

カテゴリー:主要

14日から白河提灯まつり 市内23町みこし集合

 三百六十年の歴史を誇る白河提灯(ちょうちん)まつりは十四日から十六日までの三日間、白河市内で執り行われる。市内の二十三町がみこしを担ぎ、約八千個の提灯で彩りながら練り歩く。 鹿嶋神社の例祭として二年に一度、催されている。初日の十四日は各町のみこ...[記事全文

カテゴリー:主要

県内100歳以上1108人 23年連続最多更新

 県内の百歳以上の高齢者は九月一日現在、千百八人で前年同期から四十三人増え、一九九六(平成八)年から二十三年連続で過去最多を更新した。県が十三日、発表した。 男女別で年齢上位の五人は【表】の通り。男性、女性ともに百八歳が最高齢だった。年齢別では百...[記事全文

カテゴリー:主要

ルワンダに「命の井戸」 富久栄珈琲社長中島茂さん

1本目の井戸の建設地を訪れた中島さん(後列右から2人目)
 郡山市のコーヒー豆販売の富久栄珈琲の社長、中島茂さん(44)は、貧困に苦しむアフリカ・ルワンダに井戸を設ける活動に乗り出した。私財を投じて一本目の建設を進めている。今秋中には同国産の高級コーヒー豆のドリップパック商品を自社で発売し、売り上げの一部を二本...[記事全文

カテゴリー:主要

昭和からむし織海外へ「ゴトラ」試作 村と村振興公社

アルアメリ大使にからむし織のゴトラを贈る舟木村長(右)。中央は菅家衆院議員
 からむし織は昭和村で約三百年前から生産されているからむしを材料とし、地機(じばた)や高機(たかはた)で織った織物。皮からの繊維の取り出し、糸づくり、織りまでを全て手作業で行っている。 二〇一七(平成二十九)年十一月に国の伝統的工芸品に指定された...[記事全文

カテゴリー:主要

成層圏で撮影成功 塙工高生 風船上げカメラ回収

実験機材を手に成功を喜ぶ(左から)森さん、藤田さん、鈴木さん、吉田さん
 塙工高電子科三年生四人が、カメラ付き風船を高度二万メートル付近まで上げて地球や宇宙を撮影、回収することに成功した。高校生による撮影の成功は県内初。十三日、同校が発表した。 実験のメンバーは森冬哉さん、鈴木敦也さん、藤田龍希さん、吉田創さ...[記事全文

カテゴリー:主要

安倍政権の行方解説 福島政経懇話会高瀬氏が講演

国政の展望や地方政治の課題などを語る高瀬氏
 福島政経懇話会(会長・内堀雅雄知事)の第二百六十九回例会は十三日、福島市の民報ビルで開かれ、名古屋外国語大世界共生学部長の高瀬淳一氏が「安倍政権の行方」と題して講演した。 高瀬氏は二十日投開票の自民党総裁選について「国会議員票の七割、地方票の六...[記事全文

カテゴリー:主要

草野心平の詩原本発見 母校の磐高生にエール

草野心平の詩「同窓の友に」の原本
 いわき市小川町出身の詩人・故草野心平が母校の磐城高に寄せた詩の原本が見つかり、十二日までに所有者の遺族から同窓会に寄贈された。原本の写真が磐城高の同窓会名簿に掲載されているが、原本自体の所在は分からなかった。同窓会は学校に隣接する同窓会館に掲示し、「誇...[記事全文

カテゴリー:主要

斎藤清作品展15日開幕 柳津で版画搬入、準備着々

「ハニワ」などの展示作業に当たる関係者
 柳津町の斎藤清美術館の特別企画展「THE TOLMAN COLLECTION(ザ・トールマン・コレクション)」は十五日に開幕する。十一月二十五日まで。 米国出身の世界的美術収集家ノーマン・トールマンさん(82)が半世紀をかけて集めた三千点以上の...[記事全文

カテゴリー:主要

開業4周年で感謝市 道の駅あいづ湯川・会津坂下

イベントをPRする道の駅のスタッフ
 湯川村にある道の駅あいづ湯川・会津坂下は二十九、三十の両日、開業四周年イベント「坂下・湯川のいいもの・うまいもの 大感謝市」を開く。菓子製造業や飲食業など約二十店舗が出店し、会津の食や伝統文化の魅力を発信する。 会場には地鶏焼き、串焼き、菓子、...[記事全文

カテゴリー:主要