県内ニュース

甲冑姿で刀剣観覧 29日にも「体験会」開催

甲冑を身に着けて観覧する来場者
 会津若松市の県立博物館で開催中の企画展「美しき刃(やいば)たち~東京富士美術館コレクションと福島の名刀~」で二十一日、甲冑(かっちゅう)を身に着け展示を観覧する体験会があった。 YOROI工房あいづのメンバーを講師に、「鎧(よろい)を着て見る刀...[記事全文

カテゴリー:主要

戊辰戦争時の会津藩しのぶ 若松城天守閣郷土博物館の収蔵品展

白虎隊士自刃図などを紹介している展示会場
 会津若松市の鶴ケ城天守閣にある若松城天守閣郷土博物館で二十一日、収蔵品展「白虎隊と会津藩士の戦い」が開幕した。 白虎隊を中心に戊辰戦争時の会津藩ゆかりの品四十五点を展示している。白虎隊士が自刃する様子を描いた複数の絵図、白虎隊士西川勝太郎が自刃...[記事全文

カテゴリー:主要

「福島復興のアピールに」 大堀相馬焼、英国へ

完成した絵皿を手にする小野田さん
 二十三日に渡英する本宮市英国訪問団(団長・高松義行市長)は、現地の訪問先への記念品の一つとして、東京電力福島第一原発事故で浪江町から避難し、同市で工房を再開した大堀相馬焼「春山窯」の作品を贈る。十三代窯元で大堀相馬焼協同組合理事長の小野田利治さん(56...[記事全文

カテゴリー:主要

湖上に大輪の花 裏磐梯火の山まつり

桧原湖上を彩る花火
 北塩原村裏磐梯の夏の風物詩「裏磐梯火の山まつり」は二十一日、村内の桧原湖第一駐車場周辺で開かれ、湖上で花火を打ち上げた。 裏磐梯観光協会などでつくる実行委員会の主催。会津地方で最も早い花火大会とされ、今年で四十八回目。家族などへのメッセージを添...[記事全文

カテゴリー:主要

あぶくま洞で楽天戦 鍾乳洞内に中継映像投影

国内で初めて催された鍾乳洞内でのパブリックビューイング
 田村市滝根町のあぶくま洞で二十一日、プロ野球・東北楽天ゴールデンイーグルス-埼玉西武ライオンズ戦のパブリックビューイングが催された。あぶくま洞管理事務所によると、鍾乳洞内でのプロ野球のパブリックビューイングは国内初。楽天のファンが、気温約一五度と涼しい...[記事全文

カテゴリー:主要

流れ落ちる涼 猪苗代の達沢不動滝

爽やかな音を立てて流れ落ちる達沢不動滝
 厳しい暑さが続く中、猪苗代町蚕養の名所「達沢不動滝」には連日、観光客や家族連れが涼を求めて訪れている。 爽やかな音を立てて流れ落ちる高さ約十メートル、幅約十六メートルの滝に近づき、舞い上がる水しぶきを浴びながら「冷たーい」「気持ちいい」などと歓...[記事全文

カテゴリー:主要

地域医療充実へ決意 福島医大泌尿器科学講座50周年で祝賀会

講座の発展を願い、あいさつをする伊達会長
 福島医大医学部泌尿器科学講座の開講五十周年記念祝賀会は二十一日、福島市のホテル辰巳屋で開かれた。出席者は東日本大震災と東京電力福島第一原発事故からの復興を支える若手医師の育成や、地域医療の充実に向け決意を新たにした。 約百六十人が出席し...[記事全文

カテゴリー:主要

野崎さん(須賀川桐陽高出身)ら6人に奨学金交付 民報教育福祉事業団

矢森理事長から目録を受ける野崎さん(中央)と(左から)橋本さん、三村さん、山本さん、佐藤さん、平井さん
 福島民報教育福祉事業団の奨学金交付式は二十一日、福島市の民報ビルで行われ、今年度の「民報奨学生」に選ばれた大学生四人、短大生一人、専門学校生一人の計六人に奨学金が贈られた。 矢森真人理事長(福島民報社代表取締役副社長)が「福島のために役立ちたい...[記事全文

カテゴリー:主要

新双葉駅、完成イメージ発表 8月6日着工2020年供用予定

双葉駅東口の完成イメージ図
 JR東日本は二十日、双葉町と施行協定を結んでいたJR常磐線・双葉駅の実施設計と基本設計が完了し、完成イメージ図を発表した。八月六日に着工し、常磐線の全線開通に合わせ、二〇二〇年春の供用開始を予定している。 双葉駅は現在、駅舎と改札を線路東側に設...[記事全文

カテゴリー:主要

名称「リプルンふくしま」8月24日開館 富岡

 環境省は二十日、富岡町の六号国道沿いに整備している特定廃棄物埋立処分施設の体験型情報館の名称を「特定廃棄物埋立情報館リプルンふくしま」とし、八月二十四日に開館すると発表した。 公募で決めた。リプルンは英語の「再生」「創造」を組み合わせた造語で、...[記事全文

カテゴリー:主要