県内ニュース

福島で記念シンポ ふくしま駅伝30回

ふくしま駅伝30回記念シンポジウムで大会の意義などについて語り合う(左から)三浦理事長、高橋社長、鈴木会長、柏原さん、木戸さん、小磯さん、菅原さん
 市町村対抗県縦断駅伝競走大会(ふくしま駅伝)が十一月に第三十回大会を迎えるのを記念したシンポジウムと陸上講習会は十七日、福島市のとうほう・みんなのスタジアム(あづま陸上競技場)などで開かれた。シンポジウムには、いわき市代表として四度出場し、東洋大時代に...[記事全文

カテゴリー:主要

西田さん「福島」胸に 郡山で県民栄誉賞表彰式

県民栄誉賞を受け、大勢の観覧者から祝福される西田さん(左)。右は内堀知事
 俳優や歌手として活躍している郡山市出身の西田敏行さん(70)への県民栄誉賞の表彰式は十七日、郡山市の郡山ビューホテルアネックスで行われ、半世紀に及ぶ芸能活動や古里への貢献をたたえた。 内堀雅雄知事が西田さんに表彰状と、郡山市の漆工芸家折笠兆春さ...[記事全文

カテゴリー:主要

外来で重症化予防 ふくしまに生きる-次世代へ-(19)

「愛ばんしょ外来」で患者の相談に応じる舟木さん(左)。話題は健康や家族の介護、終末医療などさまざまだ
 奥会津地方の医療を支える三島町の県立宮下病院。待合室に設けた在宅療養生活支援外来(通称・愛ばんしょ外来)に、診察を終えた高齢者が集う。主任看護技師の舟木智恵(42)ら職員が体調や食事、家族の介護、終末医療などの相談に応じる。住民に入院や介護の要らない健...[記事全文

カテゴリー:主要

次世代へ継承決意 復興大使・只見の地域活動最終日

「蒸留所ねっか」で、只見町産にこだわった焼酎製法について話を聞く参加者
 福島民報社が委嘱している「ふくしま復興大使」のJR只見線沿線での地域活動は最終日の十六日、只見町の焼酎工場見学やブナの森散策を実施した。地域資源を再発見するとともに、次世代に地域の宝を継承していく決意を新たにした。 復興大使が訪れたのは空き家を...[記事全文

カテゴリー:主要

桑折町長選18日告示 高橋氏、無投票3選の公算大

 任期満了に伴う桑折町長選は十八日告示、二十三日投票で行われる。三選を目指す現職高橋宣博氏(61)=無所属=が立候補を表明している。他に立候補の動きはなく、無投票となる公算が大きい。 立候補の届け出は十八日午前八時半から午後五時まで町役場で受け付...[記事全文

カテゴリー:主要

心打つ伝統の舞台 郡山で柳橋歌舞伎

「一谷嫩軍記 熊谷陣屋の場」を披露する出演者
 江戸時代から受け継がれている郡山市指定重要無形民俗文化財「柳橋歌舞伎」の定期公演は十六日、同市中田町柳橋の柳橋歌舞伎伝承館(黒石荘)で催され、伝統の舞台が大勢の観客を魅了した。 柳橋歌舞伎保存会の主催、柳橋町内会の共催、福島民報社などの後援。郡...[記事全文

カテゴリー:主要

美しいハーモニー響く 浪江で「土の歌」コンサート

息の合ったハーモニーを奏でる出演者
 浪江町ゆかりの詩人・故大木惇夫さんが作詞した声楽曲「土の歌」の全曲合唱コンサートは十六日、町地域スポーツセンターで開かれ、町民ら約三百人が美しいハーモニーに酔いしれた。 歌を通して東日本大震災からの復興への思いを新たにしようと実行委員会が初めて...[記事全文

カテゴリー:主要

余目クラブ華麗な演技 全国小学生一輪車大会

クラスSで華麗な演技を見せる余目クラブ
 第六回全国小学生一輪車大会は十六日、須賀川市の須賀川アリーナで開かれた。昨年のグループ演技部門・ビギナークラスで優勝した余目一輪車クラブ(福島市)は惜しくも入賞はならなかったものの、華麗な演技を披露した。 日本一輪車協会の主催、須賀川市の共催。...[記事全文

カテゴリー:主要

震災の記憶後世に 岩間海岸モニュメント除幕

モニュメントを除幕する出席者
 東日本大震災の津波で甚大な被害を受けたいわき市の岩間海岸に整備中の防災緑地で十六日、震災の記憶を後世に継承するモニュメントの除幕式が行われた。 復興支援などに取り組むNPO法人勿来まちづくりサポートセンターが復興のシンボルとして住民や来...[記事全文

カテゴリー:主要

室屋選手、準優勝 レッドブル・エアレース第6戦

 「空のF1」と呼ばれる飛行機の世界最高峰レース「レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ2018」第六戦は十六日、オーストリアのウィーナー・ノイシュタットで本選を行い、福島市在住のパイロット室屋義秀選手(45)が準優勝した。表彰台は二月の今季...[記事全文

カテゴリー:主要