県内ニュース

花火作り最盛期 須賀川の糸井火工

打ち上げ花火を仕上げる従業員
 夏の夜空を彩る打ち上げ花火作りが須賀川市矢沢の糸井火工で最盛期を迎えている。 同社は創業140年余。6代目の糸井秀一社長(37)と従業員が連日、火薬の仕込みや玉張りなどの作業に追われている。7月中旬までに直径6センチの二寸玉から直径60センチの...[記事全文

カテゴリー:主要

震災後初、薄磯で海開き いわき市内3カ所遊泳可能に

 いわき市は東日本大震災と東京電力福島第一原発事故後初めて薄磯海水浴場の海開きを行う。昨年に引き続き四倉、勿来両海水浴場も開設し、市内3カ所で遊泳可能となる。 24日に市海水浴安全対策会議を開いて決めた。3海水浴場の開設期間は7月15日から8月1...[記事全文

カテゴリー:主要

透析機器導入など支援 避難地域等医療復興計画素案

 県は24日、平成29~32年度の避難地域等医療復興計画(仮称)の素案を公表し、新たな被災地支援策として、患者が増加している人工透析などに用いる機器・設備の導入費補助、再開した病院に対する経営支援などを盛り込んだ。しかし、病院運営に不可欠な看護師などの人...[記事全文

カテゴリー:主要

イノシシ捕獲事業参入へ ALSOK福島

イノシシ捕獲のために使う監視カメラの備えたわな
 ALSOK福島(本社・郡山市)は早ければ平成29年度内に、イノシシをわなで捕獲する有害鳥獣捕獲の事業に新たに参入する。東京電力福島第一原発事故の発生後、双葉郡などの被災地ではイノシシ被害が深刻化しており、同社は事業拡大で被災地の復興加速化につなげたい考...[記事全文

カテゴリー:主要

30日、富岡へ移転 復興局帰還環境整備センター

 復興庁福島復興局の帰還環境整備センターは30日、川内村役場から富岡町役場に移転する。復興庁が23日、発表した。 浪江町、飯舘村、川俣町山木屋地区、富岡町の4町村の居住制限区域と避難指示解除準備区域が今春解除されたことを受けた対応。解除地域の生活...[記事全文

カテゴリー:主要

メガソーラー発電所の安全祈願 小高

メガソーラー発電所の完成イメージ図
 南相馬川房発電合同会社(福島市)が南相馬市小高区川房に建設するメガソーラー発電所の安全祈願祭が23日、現地で行われた。24日に着工し、平成30年9月の発電開始を目指す。 地権者23人の保有する農地を賃借し、発電事業に転用する。敷地面積は約26万...[記事全文

カテゴリー:主要

事業者、市民も使用可に 郡山市役所内水素ステーション

郡山市が市役所敷地内に整備中の水素ステーション
 郡山市が6月上旬の運用開始を目指し市役所敷地内に整備を進めている県内初の水素ステーションは、登録制にして民間事業者や一般市民も使えるようにする。23日、市が明らかにした。当面は市が公用車として導入するホンダの燃料電池車「クラリティ」が利用する。...[記事全文

カテゴリー:主要

満山会長が英国庭園の整備状況視察

英国庭園の整備状況を視察する満山会長(左)と高松市長(右)
 在英県人会ロンドンしゃくなげ会の満山喜郎会長(白河市大信出身)は23日、本宮市が市内糠沢のプリンス・ウィリアムズ・パークに設ける英国庭園の整備状況を視察した。英国ロンドンの福島庭園と英国庭園の整備に尽力し、両庭園の姉妹協定締結を後押ししてきた満山会長は...[記事全文

カテゴリー:主要

8月オープン「尾瀬檜枝岐」 道の駅登録証伝達式

大村所長から登録証を受ける星村長(右)
 8月に檜枝岐村にオープン予定の道の駅「尾瀬檜枝岐」の登録証伝達式は23日、郡山市の郡山国道事務所で行われた。県内の道の駅は32カ所目。 大村敦郡山国道事務所長があいさつし、星光祥檜枝岐村長が「観光情報の伝達、旅行者の休息、災害時の避難などの拠点...[記事全文

カテゴリー:主要

コープふくしま大臣表彰 消費者支援功労者授与式

表彰状を手にする今野理事長
 消費者利益の擁護・増進に努めた個人団体をたたえる消費者庁の消費者支援功労者表彰の授与式は23日、首相官邸で行われ、コープふくしま(本部・福島市)が内閣府特命担当大臣表彰を受けた。 内閣総理大臣表彰に5個人・団体、担当大臣表彰に12個人・団体が選...[記事全文

カテゴリー:主要