県内ニュース

県と抽選企画、PR 「ほんのり屋」

会津米のおいしさをPRするライシーホワイトや県関係者ら=JR東京駅
 首都圏の主要駅などで会津産コシヒカリのおむすびを販売している「ほんのり屋」と県は十六日から十二月七日まで、会津米などが抽選で当たる「ふくしま産会津米おいしさ実感キャンペーン」を繰り広げている。 県との共同イベントは初で、十八日はうつくしまライシ...[記事全文

カテゴリー:主要

21日から北海道物産展 道の駅あいづ湯川・会津坂下

物産展をPRする道の駅スタッフ
 北海道のおいしいものを集めた「北海道物産展」が二十一日から二十五日まで、湯川村にある道の駅あいづ湯川・会津坂下で開かれる。 いくらしょうゆ漬け、海の幸を集めた弁当、海鮮焼き、ほっけ開き、イカ飯、かにシューマイ、たこわさび、チーズフォンデュコロッ...[記事全文

カテゴリー:主要

県農業賞受賞祝う 西郷で粂井さん夫妻

農業を通した地域発展への貢献を誓う粂井さん夫妻
 第五十九回県農業賞(農業経営改善部門)を受けた白河市白坂の粂井勇一さん(57)、浩子さん(57)夫妻の受賞祝賀会は十八日、西郷村の東京第一ホテル新白河で開かれた。 約百人が出席した。発起人を代表して地元の皮籠ゆうゆうクラブ会長の小林一さんがあい...[記事全文

カテゴリー:主要

がん撲滅へ検診啓発 福島でフェア、機器展示も

検診の重要性を説く本多教授
 県の「がん検診啓発フェア2018」は十八日、福島市の福島学院大福島駅前キャンパスで開かれた。 福島民報社などの協賛。福島医大地域産婦人科支援講座の本多つよし教授が「子宮頸(けい)がん撲滅に向けて」と題して講演した。 子宮頸がんの発症の仕...[記事全文

カテゴリー:主要

サクラの成長願う 喜多方のNPOが日中線跡地で植樹祭

秋晴れの下、シダレザクラの苗を植える家族連れ
 喜多方市の有志でつくるNPO法人日中線しだれ桜プロジェクト(唐橋脩理事長)による第三回植樹祭は十八日、同市上三宮町の旧国鉄日中線跡地で行われた。植樹に協力するオーナー制度の賛同者らが百七十メートル区間にシダレザクラ約四十本を植えた。過去二回と合わせて植...[記事全文

カテゴリー:主要

双葉高史学部の歩み紹介 27日まで福島でパネル展

双葉高史学部の歩みを振り返るパネル展
 東京電力福島第一原発事故で避難し、二〇一七(平成二十九)年三月に休校した双葉高の史学部の歩みを振り返るパネル展は、二十七日まで福島市の福島大付属図書館で開かれている。 県文化振興財団、福島大資料研究所の主催。ふくしま歴史資料保存ネットワークの後...[記事全文

カテゴリー:主要

一流の演奏伝授 ウィーン・フィル郡山の小中校訪問

ウィーン・フィルの団員と一緒に演奏する開成小の児童ら
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のミヒャエル・ブラーデラーさんら団員五人は十七日、郡山市の開成小と郡山二中を訪れ、児童生徒に音楽指導をした。 同楽団とサントリーグループが音楽を通じた東日本大震災の被災地支援のために設立した「ウィーン・フィル&...[記事全文

カテゴリー:主要

いわき総合連覇 ふくしま駅伝30回 59市町村完全燃焼

30回目の号砲の余韻が残る中、「花の1区」で競う女子選手。熱い声援が選手の力走を支えた=白河市・しらかわカタールスポーツパーク陸上競技場
 第三十回市町村対抗県縦断駅伝競走大会(ふくしま駅伝)は十八日、白河市のしらかわカタールスポーツパーク(白河市総合運動公園)陸上競技場をスタートし、福島市の県庁前にフィニッシュする16区間95・0キロで繰り広げられた。いわきが二年連続十三度目の市の部優勝...[記事全文

カテゴリー:主要

ロンドンの施設視察 県議会議員海外行政調査団

五輪のレガシーの説明を受ける調査団
【イギリス・ロンドンで佐藤庄太本社報道部記者】県議会議員海外行政調査団は十七日午後(日本時間十八日未明)、イギリス・ロンドンのクイーン・エリザベス・オリンピック・パークを視察した。  二〇二〇年東京五輪で野球・ソフトボール競技の開幕戦などが行われ...[記事全文

カテゴリー:主要

広域化水道に新システム 南会津町 スマホで監視・管理

タブレット端末などで水道施設を監視する職員
 南会津町は町村合併に伴い広域化した水道事業に、職員のスマートフォンなどで遠隔監視・管理ができるシステムを導入した。従来は職員の巡回に頼る部分が大きかったが、今は手元で水道施設の状況を常時把握でき、改善のための操作も可能だ。負担軽減が評価され、日本水道協...[記事全文

カテゴリー:主要