県内ニュース

被災地生徒ケア学ぶ 参院文教科学委、福島大など視察

飯舘中で教職員らに質問する高階委員長(右から2人目)ら
 参院文教科学委員会の委員は20日、福島大と福島市飯野町の飯舘中仮設校舎を視察し、被災地の生徒の心のケアなどについて理解を深めた。 高階恵美子委員長(自民)ら委員14人が訪れた。福島大では中井勝己学長らと大学運営の在り方などに意見を交わした。[記事全文

カテゴリー:主要

玄侑住職らを取材 日本記者クラブ福島視察最終日

玄侑住職(左)の説明を聞く参加者
 日本記者クラブの福島取材団は視察最終日の20日、福島市と三春町を訪れ、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故からの復興状況に理解を深めた。 全国の報道機関から25人が参加した。三春町の福聚寺では、東日本大震災復興構想会議のメンバーを務めた芥川賞...[記事全文

カテゴリー:主要

高島屋大阪店で蜂蜜販売 安達東高、福島復興PRへ

蜂蜜と菓子を手に大阪での販売に向け意気込む(左から)桑原さん、浅野さん
 二本松市の安達東高は3月11日、授業を通じて取り組む養蜂で採取した蜂蜜を大阪市の高島屋大阪店「大東北展」で販売する。東日本大震災から7年の節目の日に、福島の復興を発信する。 養蜂を通じて古里再生に懸ける思いや福島の元気を伝えようと、3月7日から...[記事全文

カテゴリー:主要

大迫力 岩の神殿 ツアー一行、エジプト遺産に触れる

アブシンベル神殿を見学した一行
【エジプト・アスワンで円谷真路いわき支社報道部長】東日本国際大エジプト考古学研究所の「太陽の船発掘現場を見学するエジプトツアー」の一行は19日正午(日本時間午後7時)ごろ、アスワンの南側約280キロにあるヌビア地方のアブシンベル大・小神殿を訪れた。[記事全文

カテゴリー:主要

ルームス、東京で21日開幕 新聞社で唯一民報社も参加

 ファッションやデザインの国内最大規模の合同展示会「rooms EXPERIENCE(ルームス・エクスペリエンス)」は21日に東京都品川区の五反田TOCビルで開幕する。衣類や装飾品、地場産品などを展示するとともに、新聞など「紙」の価値を伝える。23日まで...[記事全文

カテゴリー:主要

県中地方の観光PR 24、25日に福島で物産フェア

来場を呼び掛ける猪俣さん(右)と半田さん
 県中地区への誘客を目的とした「ふくしまど真ん中!観光物産フェア」は24、25の両日、福島市のコラッセふくしまで開かれる。 ふくしまど真ん中!元気プロジェクトの主催。県中地方のご当地グルメやスイーツなど約100品目を販売するとともに、春の見どころ...[記事全文

カテゴリー:主要

東電に1520万円支払い命令 飯舘の男性自殺訴訟判決 福島地裁

 東京電力福島第一原発事故による強制避難を前に精神的に追い詰められて自殺したとして、当時102歳だった飯舘村の大久保文雄さんの遺族3人が東電に計約6000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、福島地裁は20日、原発事故と自殺の因果関係を認め、東電に計152...[記事全文

カテゴリー:主要

イノシシ排除へ緊急戦略 避難区域12市町村

あいさつする山崎参事官(左)
 東京電力福島第一原発事故に伴い避難区域が設定された県内12市町村でイノシシによる被害が深刻化していることを受け、国や県、関係市町村などでつくる鳥獣被害対策会議20日、2018(平成30)年度から3年間取り組む広域緊急戦略を策定した。各市町村の実情に応じ...[記事全文

カテゴリー:主要

2月補正、1920億円減 県2017年度一般会計

 県の2017(平成29)年度一般会計補正(2月補正)予算案は1920億円の減額で、東日本大震災、東京電力福島第一原発事故後の2月補正で2番目の減額となる。除染や災害公営住宅の整備などで当初見込みより事業量が大幅に少なくなった。内堀雅雄知事が19日、県庁...[記事全文

カテゴリー:主要

ヒラメ水揚げ視察 福島県に招致のタイのシェフ

立谷組合長(左)から相馬のヒラメの特徴を聞くタイのシェフ
 相馬沖で水揚げされたヒラメのタイへの輸出開始を前に、日本貿易振興機構(ジェトロ)福島貿易情報センターは、タイの日本料理店など3社のシェフを県内に招き、現状を伝えている。19日は相馬市の松川浦漁港で試験操業の水揚げを視察した。 21日まで来県して...[記事全文

カテゴリー:主要