県内ニュース

「楢葉の風」と命名 日本酒プロジェクト

日本酒名「楢葉の風」を発表する(右から)松本町長、白井代表社員、渡辺会長
 楢葉町内で今年秋に収穫された酒米を使った日本酒を造るプロジェクトで、日本酒名は「楢葉の風」となる。松本幸英町長らが12日、酒を醸造する会津美里町の白井酒造店を訪問し、発表した。 松本町長のほか、プロジェクト委員会長の渡辺清町商工会長、発起人の堀...[記事全文

カテゴリー:主要

遠藤氏3選目指す 鏡石町長選

 来年6月24日の任期満了に伴う鏡石町長選で、現職の遠藤栄作氏(67)=無所属=は12日の12月定例議会一般質問で、3選を目指し立候補する考えを示した。 遠藤氏は「東日本大震災からの早期の復旧・復興に取り組んできた。(任期を終える)6月以降も引き...[記事全文

カテゴリー:主要

無人ロボで配送実験 日本郵便、21日に南相馬

実証実験で使用される配送ロボット
 日本郵便は21日、南相馬市スポーツセンターで、無人で走行する配送ロボットを使った初の実証実験を行う。インターネット通販の普及による物流量の増加や人手不足の深刻化を受け、生産性の改善につなげる。 実験の概要は【図】の通り。スポーツセンター敷地内に...[記事全文

カテゴリー:主要

新作は「牛乳」「いちごオレ」 酪王乳業のアイス13日発売

「酪王いちごオレアイスクリーム」(左)と「酪王牛乳アイスクリーム」
 酪王乳業(郡山市)は13日に「酪王牛乳アイスクリーム」と「酪王いちごオレアイスクリーム」を新たに発売する。県内のスーパーやコンビニなどで販売される。 「酪王牛乳アイスクリーム」は酪王牛乳のほか、県産牛乳や生クリームなどを使った濃厚な口当たりが特...[記事全文

カテゴリー:主要

復興の実り振る舞う 東京でIOC調整委の夕食会

本県など被災地の食材をふんだんに使ったメニュー
 2020年東京五輪の準備状況を確認する国際オリンピック委員会(IOC)調整委員会と大会組織委員会などの公式夕食会は12日、東京都港区の東京プリンスホテルで開かれ、来日した大会関係者に本県など東日本大震災で被災した東北3県の食材、地酒が振る舞われた。復興...[記事全文

カテゴリー:主要

7年ぶりにコメ収穫 富岡の渡辺さんが復興相に報告

 帰還困難区域を除き避難指示が解除された富岡町で7年ぶりに稲作を再開した渡辺伸(のぼる)さん(57)は12日、復興庁を訪れ、吉野正芳復興相(衆院本県5区)に収穫を報告した。 渡辺さんは吉野氏に収穫したコメを手渡し、「来年は稲作の面積をさらに増やせ...[記事全文

カテゴリー:主要

障害者雇用、過去最多 県内企業、法定雇用率全国上回る

 県内の民間企業で働く障害者数は6月1日現在、4623・0人(短時間労働者は0・5人で算出)で過去最多となった。働く人に占める障害者の割合を示す実雇用率は1・95%で、全国平均の1・97%を0・02ポイント下回った。福島労働局が12日発表した。 ...[記事全文

カテゴリー:主要

雪で交通網乱れ 12日の県内

開通後、本格的な冬を迎えた東北中央自動車道を走る車両=12日午前、福島大笹生ICー米沢八幡原IC間
 会津地方などで降った雪の影響で、12日の県内は高速道路の通行止め、鉄道の運休や遅れなどが発生した。 県警高速交通隊によると、磐越自動車道で車のスリップ事故が相次ぎ、船引三春-小野インターチェンジ(IC)間と会津坂下-西会津IC間の各上下線で一時...[記事全文

カテゴリー:主要

若松で積雪50センチ きょうも強い冬型続く

雪が降る中、集団登校する児童=12日午前7時55分ごろ、会津若松市蚕養町
 12日の県内は強い冬型の気圧配置となり、会津を中心に大雪となった。福島地方気象台によると、会津地方で一時、大雪警報が発令された。同日午後4時までの24時間降雪量は、南会津町南郷で62センチ、西会津町で52センチ、会津若松市と金山町で50センチを記録した...[記事全文

カテゴリー:主要

手間かかり重荷に 県産米の全量全袋検査

30キロのコメ袋を抱える黒江さん。体にずしりと響く作業だ
 「何か改善策はないだろうか」。県にはここ数年、県産米の全量全袋検査の体制見直しを求める声がコメ農家から届くようになった。 コメ袋をトラックに積んで検査場に運搬する労力が、高齢化が進む農家の重荷になっているという。県が今夏から秋にかけ、県内の生産...[記事全文

カテゴリー:主要