県内ニュース

新病院棟完成喜ぶ 福島の大原綜合病院 関係者ら祝賀会

あいさつする平子理事長
 福島市上町に新築された大原綜合病院新病院棟の完成祝賀会は10日、福島市のサンパレス福島で開かれ、関係者が節目を祝った。 約400人が出席した。大原記念財団の平子健理事長が「新病院棟は地域の支援を受けて完成した。今後も患者と職員を大切にし、地域と...[記事全文

カテゴリー:主要

花凜歌に総合最高賞 県声楽アンサンブル

最高賞の県合唱連盟賞に選ばれた花凜歌のステージ
 第34回県声楽アンサンブルコンテストは最終日の10日、小学校と一般の部を行い、小学校は高坂Bなど6団体、一般は花凜歌など4団体が金賞に選ばれた。 県合唱連盟に加盟している一般の部の金賞受賞団体のうち最上位となったChoral Aurora(コー...[記事全文

カテゴリー:主要

町民主体のまちづくりを 再選の遠藤広野町長が初登庁

職員から花束を受ける遠藤町長(右)
 任期満了に伴う広野町長選で再選を果たした遠藤智氏(56)は11日、2期目の初登庁をした。 職員や支持者から拍手で出迎えを受け、支持者や職員代表から花束を受けた。 遠藤町長は約90人の職員を前に初訓示を行い「町民主体のまちづくりにまい進す...[記事全文

カテゴリー:主要

リセラ川内工場完成 1月から本格操業

田ノ入工業団地に完成したリセラ川内工場
 川内村の田ノ入工業団地にスポーツウエア製造販売業・リセラ(本社・岡山県倉敷市)の川内工場が完成し10日、記念式典が行われた。村が初めて造成した工業団地への進出第一号で、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故からの復興に向け雇用創出などの役割を担う。[記事全文

カテゴリー:主要

3月から貸し出し 旧石森小テレワーク拠点 船引

テレワーク拠点として活用される旧石森小校舎
 田村市船引町の旧石森小を活用したテレワーク(情報通信技術を活用した遠隔地勤務)拠点整備計画で、市などが校舎内に設ける事務所の貸し出し開始時期は来年3月に決まった。 テレワーク拠点は市やジェイアール東日本企画などでつくる「田村市ふるさとテレワーク...[記事全文

カテゴリー:主要

笑いの力で“風化”防ぐ サンドウィッチマン、内堀知事と対談

情報発信について対談するサンドウィッチマンの富沢さん(右)と伊達さん、内堀知事
 東北ゆかりのお笑いコンビ「サンドウィッチマン」の伊達みきおさんと富沢たけしさんは10日、福島市の福島学院大で内堀雅雄知事と対談した。笑いを生かした情報発信を通して、東京電力福島第一原発事故に伴う風評払拭(ふっしょく)と風化防止に協力していく考えを示した...[記事全文

カテゴリー:主要

ヤフー社食に「天栄米」 村が提供 福島牛使用メニューも

天栄米を使ったメニューを味わう利用者
 天栄村は11日、インターネット検索大手ヤフー本社(東京都千代田区)の社員食堂で、村内産「天栄米」を使った昼食メニューの提供を始めた。15日まで。 村内の天栄米栽培研究会メンバーが米・食味分析鑑定コンクール国際大会で10年連続受賞した記念イベント...[記事全文

カテゴリー:主要

「五輪のカオ」どれかな 福島・吉井田小でマスコット投票授業

クラスとして投票するマスコット(手前中央)が決まり、笑顔を見せる吉井田小児童。手前中央の作品のうち、五輪用は招き猫とキツネ(左)、パラリンピック用は神社のこま犬(右)をモデルにしている
 2020年東京五輪・パラリンピックのマスコットを決める全国の小学生による投票が11日始まり、福島市の吉井田小で投票先を話し合う授業が報道陣に公開された。大会組織委員会によると、マスコットを小学生が決める試みは五輪史上初めて。復興五輪を成功に導いて-。児...[記事全文

カテゴリー:主要

LNG船 相馬港基地初入港 地域活性化に期待

第1号のLNG船が入港したLNG基地
 資源開発大手の石油資源開発(東京)が新地町の相馬港4号ふ頭に整備した液化天然ガス(LNG)受け入れ基地へのLNG第一船入港記念式は10日、同基地で行われた。基地は国内最大級で、関係者は施設が東日本大震災からの復興や地域活性化に寄与すると期待を寄せた。[記事全文

カテゴリー:主要

高校生社会貢献活動コンテスト 会津農林最優秀賞 伝統野菜継承活動など紹介

最優秀賞に輝いた会津農林高2年の(左から)慶徳さん、橋本さん、小野さん、宗像さん、吉田さん、浅田さん
 2017(平成29)年度ふくしま高校生社会貢献活動コンテストは10日、福島市の福島大で開かれ、最優秀賞に会津農林高人と種をつなぐ会津伝統野菜専攻班が輝いた。 県教委、ふくしま学びのネットワークの主催、福島大アドミッションセンターの共催。「福島の...[記事全文

カテゴリー:主要