県内ニュース

愛称「ふくしん夢の音楽堂」に 福島市音楽堂 来年4月から

愛称を紹介する(左から)渡辺伸一郎氏、渡辺恒幸氏、木幡市長
 福島市音楽堂の命名権者(ネーミングライツ・パートナー)が福島信用金庫に決まった。愛称は来年四月から「ふくしん夢の音楽堂」となる。三十一日、木幡浩市長が記者会見して発表した。 愛称の契約期間は五年間。契約料は年額五百万円。市は、全国的に評価が高い...[記事全文

カテゴリー:主要

福島パン品質さらに向上 銀嶺食品新工場が完成

新工場で機器の試運転に臨む従業員
 福島市の銀嶺食品(岡崎慎二社長)が市内上鳥渡に建設していた新工場が完成し、試運転に入った。最新設備をそろえ、製造するパンの品質向上と、より安全で安心な食の供給体制を整備する。 木造平屋、床面積約二百平方メートル。パンの形や食感などを均一に整えら...[記事全文

カテゴリー:主要

カンボジアの子に歯ブラシ2000本 県歯科医師会から小林愛さんに寄付

小林さんに目録を手渡す海野会長(右)
 県歯科医師会は三十一日、カンボジアの子どもたちに歯ブラシを贈るプロジェクトに取り組んでいる元ミス・ユニバース・ジャパン県代表の小林愛さん(福島市在住)に歯ブラシ二千本を寄付した。■本紙記事読み賛同 本紙記事でプロジェクトを知り、...[記事全文

カテゴリー:主要

夏祭り盛り上がれ 郡山うねめまつり2日開幕

 商都の夏の風物詩「第五十四回郡山うねめまつり」は二日、郡山市の駅前大通りを中心とした会場で開幕する。四日まで。 二日は午後三時から采女神社で「うねめ供養祭」を行う。同一時からはイトーヨーカドー郡山店・平面駐車場で「ちびっこうねめまつり」を催す。...[記事全文

カテゴリー:主要

福島わらじまつり3日から

前列左から小口、小河の各氏。後列左から村上、渡辺、佐藤の各氏
 第四十九回福島わらじまつりは三、四の両日、福島市の一三号国道信夫通りで開かれる。多彩な催しで県都の夏を盛り上げる。 初日は午後五時五十分から長さ十二メートル、重さ二トンの大わらじが国道を練り歩く。陸上自衛隊福島駐屯地の自衛官や福島大の学生ら計約...[記事全文

カテゴリー:主要

若松37.3度 7月の観測史上最高

噴水で水遊びを楽しむ子どもたち=31日午後2時30分ごろ、会津若松市・会津総合運動公園
 三十一日の県内は高気圧に覆われ、会津若松市が七月の観測史上最高の三七・三度で全国四番目となるなど気温が上がった。 福島地方気象台によると、各地の最高気温は福島市、西会津町で全国九番目の三六・八度、喜多方市で三六・一度など。 会津若松市の...[記事全文

カテゴリー:主要

本県7科目全国水準 全国学力テスト

 小学六年生と中学三年生を対象にした二〇一八(平成三十)年度全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)で、本県は国語と算数・数学、理科の学年別十科目のうち七科目で、正解者の割合を示す平均正答率の全国平均との差が1ポイント未満だった。小学校の国語Aは全国平均...[記事全文

カテゴリー:主要

新宮川ダム貯水率30% 31日現在 美里

貯水率が約30%に低下した新宮川ダム。山肌などがあらわになっている=31日
 会津美里町の農業用利水ダム・新宮川ダムの貯水率が三十一日現在で約30%となった。通常ならば水没している山肌などがあらわになっている。このまま降雨がなければ八月上旬にもゼロとなる可能性が出てきた。 会津美里、会津坂下の両町の約四千五百ヘクタールに...[記事全文

カテゴリー:主要

ならはCANvas開館 住民交流深める場に

オープンを盛り上げた園児らのダンス
 楢葉町のコミュニティー再生の核になる、みんなの交流館「ならはCANvas(キャンバス)」は三十日、復興拠点「笑(えみ)ふるタウンならは」内にオープンした。 町内外の住民が世代を超え交流を深める場として町が整備した。鉄骨造り二階建てで延べ床面積は...[記事全文

カテゴリー:主要

豊間公園完成祝う 防災機能備えた憩いの場

豊間公園の完成を祝いテープカットする出席者
 東日本大震災の津波被害を受けたいわき市平豊間地区で、防災機能を兼ね備えた豊間公園が完成し、三十日、現地で開園式が行われた。 公園の面積は約八・二ヘクタールで、災害発生時に多くの住民を収容できる屋根付き広場や防災シェルターにもなる休憩施設、収納ベ...[記事全文

カテゴリー:主要