県内ニュース

まるせい果樹園(福島)GAP部門局長賞 農水省「未来につながる農業推進コンクール」

品質の高い果物の栽培と本県におけるGAPの普及に向け協力を誓う佐藤社長
 農林水産省による2017(平成29)年度の「未来につながる持続可能な農業推進コンクール」で、福島市飯坂町のまるせい果樹園がGAP部門の生産局長賞に選ばれた。最高賞の農林水産大臣賞に次ぐ賞で、県内からは唯一、まるせい果樹園が受賞した。 コンクール...[記事全文

カテゴリー:主要

被災地の現状視察 芸術家テオ・ヤンセンさん

大谷さん(右)から震災時の体験を聞くヤンセンさん(中央)
 3月3日にいわき市のアクアマリンふくしまで開幕する「テオ・ヤンセン展inふくしま2018」のため来県している芸術家テオ・ヤンセンさん(69)は27日、市内薄磯地区や富岡町を訪れ、被災地の現状を視察した。 薄磯地区では、海沿いの防潮堤の前で、いわ...[記事全文

カテゴリー:主要

一年の幸福祈る 高松山観音寺の初寅祭

護摩壇を回り、勇壮に繰り広げられた裸みこし
 本宮市糠沢の天台宗・高松山観音寺(矢島義謙住職)の初寅(はつとら)祭は27日、同寺で催され、大勢の参拝者が一年の幸福を祈った。 旧正月の初寅の日に毎年催される恒例行事で、みこしから投げ入れられる梵天(ぼんてん)を手に入れた人に幸せが訪れるといわ...[記事全文

カテゴリー:主要

15団体に265万円交付へ 民報教育福祉事業団の奨励金

奨励金の交付団体を決める選考委員ら
 一般財団法人福島民報教育福祉事業団の第27回民報福祉・文化奨励金の選考会は27日、福島市の民報ビルで開かれ、15団体に総額265万1000円の交付を決めた。障害者支援や青少年育成など福祉関係、伝統芸能の継承や自然保護活動など文化関係の各団体を対象に、県...[記事全文

カテゴリー:主要

「こども遊び塾」充実強化 県ユニセフ協理事会

あいさつする高橋会長
 県ユニセフ協会の理事会・評議員会は27日、福島市のラコパふくしまで開かれ、県内各市での子どもの権利条例制定に向けた取り組み推進など2018(平成30)年度の事業計画を承認した。 事業計画には、子どもたちの遊びや居場所を確保する「子どもにやさしい...[記事全文

カテゴリー:主要

55周年の節目祝う 福島北RCが記念式典

式辞を述べる伊藤会長
 福島北ロータリークラブ(RC)の創立55周年記念式典は27日、福島市のホテル辰巳屋で行われた。 会員ら約80人が出席した。太田浩之実行委員長があいさつし、伊藤信弘会長が「今後も世の中の変化に対応しながら、力強く歩み続けたい」と式辞を述べた。国際...[記事全文

カテゴリー:主要

郡山に新工場 医薬品製造「ニットーボーメディカル」

富久山工場に建設する新工場の完成イメージ
 日東紡(本社・福島市)は27日、医薬品製造子会社「ニットーボーメディカル」の富久山工場(郡山市)に新工場を建設すると発表した。約30億円を投資し、2020年8月の完成を目指す。 新工場は2階建てで延べ床面積は約7700平方メートル。既存工場と同...[記事全文

カテゴリー:主要

交通死ゼロ5000日達成 国見町

小川局長から表彰状を受ける太田町長(左)
 国見町は25日午前0時で交通死亡事故ゼロの累計日数が5000日に達した。27日、県交通対策協議会長の表彰伝達式が町役場で行われた。 県北地方交通対策協議会長の小川武県県北地方振興局長が町交通対策協議会長の太田久雄町長に表彰状を手渡した。太田町長...[記事全文

カテゴリー:主要

開通に備え防災訓練 県道原町川俣線八木沢トンネル

トンネル内で事故車両からけが人を運び出す訓練に臨む隊員
 県道原町川俣線の南相馬市原町区大原と飯舘村八木沢を結ぶ八木沢トンネルが3月18日に開通するのを前に、県相双建設事務所と南相馬署、相馬広域消防本部は27日、現地で合同防災訓練を実施した。 飯舘村方面から南相馬市方面に走行していた車が、南相馬市側入...[記事全文

カテゴリー:主要

豪雨対策で河川観測強化 県内340地点に最新水位計

 相次ぐ大規模な豪雨災害に備えるため、国土交通省と県は2018(平成30)年度から県内河川の水位観測体制を大幅に強化する。洪水危険度の高い河川の地点のうち、近くに病院や高齢者施設、学校などがある計約340地点に最新の水位計を新たに設置する。より詳細な水位...[記事全文

カテゴリー:主要