県内ニュース

再オープン祝う 福島市体育館・武道場落成式

アリーナの落成式で完成を祝う出席者
 東日本大震災で一部損壊し、建て替え工事を行った福島市霞町のNCVふくしまアリーナ(市体育館・武道場)は二十一日、再オープンした。  施設は鉄筋コンクリート造り一部鉄骨造りの二階建てで、建築面積は約五千平方メートル。体育館をはじめ柔道場、剣道場、...[記事全文

カテゴリー:主要

ブナ林保全へ「宣言」 全国フォーラム 只見から発信

ブナ林の保護と利用について意見を交わす関係者
 ブナ林の保護保全と持続可能な利用を考える「全国ブナ林フォーラム」は二十一日、只見町の季の郷湯ら里で催された。「『ブナ林を守り、育て、活用し、地域社会を守り、発展させる運動』に共に取り組む」とする只見宣言を採択した。  町と町民実行委員会の主催で...[記事全文

カテゴリー:主要

戊辰と郡山振り返る 民報社出前講座 2氏が歴史紹介

守山藩の幕末の歴史を説明する遠藤氏
 福島民報社は二十一日、戊辰戦争から百五十年の節目にちなむ歴史講演会を郡山市の郡山女子大で開いた。県内各地で繰り広げている歴史出前講座の一環。郷土史家で「シリーズ藩物語 守山藩」執筆者の遠藤教之氏、郡山女子大短期大学部地域創成学科講師の佐藤愛未氏が講師を...[記事全文

カテゴリー:主要

国際天文学連合副会長 渡部潤一さん古里若松で就任記念講演

天文学者を志したきっかけを語る渡部さん
 国立天文台副台長の渡部潤一さん(会津若松市出身)の国際天文学連合(IAU)副会長就任を記念した講演会は二十一日、会津若松市の會津藩校日新館で開かれ、渡部さんが天文学者を志したきっかけなどを語った。  市内に残る日新館天文台跡の保護や利活用に取り...[記事全文

カテゴリー:主要

西会津で探究心育む 小学生「ほんとの空プログラム」

手作りピザを味わう子どもたち=西会津町奥川
 自然の中で子どもたちの好奇心や探究心を育む「ふくしま ほんとの空プログラム−地域の謎を解明せよ!」は二十一日、西会津町奥川で催された。  小学一年生から五年生九人が参加した。にしあいづ自遊学校(旧奥川保育所)をスタート・ゴールに、ヒントが記され...[記事全文

カテゴリー:主要

世界大会へ引き継ぎ キャンピング・ラリー閉幕 天栄

松崎委員長から協会旗を受ける明瀬会長(左)
 天栄村羽鳥湖高原を会場にした日本オートキャンプ協会の第四十八回ジャパン・キャンピング・ラリーは二十一日、閉会式を行い、来年秋に同高原で開く「オートキャンプ世界大会」に向けて協会旗を引き継いだ。  明瀬一裕会長が「福島の良さを各地で伝えていただき...[記事全文

カテゴリー:主要

会津大が優勝 ロボ競技会トンネル事故災害対応・復旧部門

 「ワールドロボットサミット2018」は最終日の二十一日、東京都の東京ビッグサイトで競技会のトンネル事故災害対応・復旧チャレンジ部門の決勝を行い、会津若松市の会津大が優勝した。  会津大、大阪電気通信大、技術者でつくる社会人チームの三チー...[記事全文

カテゴリー:主要

菊花賞合わせ千輪咲き設置 二本松市 京都競馬場で菊人形展PR

千輪咲きを前に満足そうな表情を見せる田辺敏勝さん(右)と夏江さん
 二本松市は日本中央競馬会(JRA)京都競馬場で行われたG1第七十九回菊花賞に合わせて二十、二十一の両日、千輪咲きを設置し、二本松菊人形をPRした。 二本松市出身田辺裕信騎手(34)の父敏勝さん(63)=二本松市・JA共同施設社長=が八月二十九日...[記事全文

カテゴリー:主要

秋晴れの下 疾駆 相馬野馬追秋季競馬大会

相馬野馬追振興秋季競馬大会でコースを疾走する出走馬
 第七十一回相馬野馬追振興秋季競馬大会は二十一日、南相馬市原町区の雲雀ケ原祭場地で開かれ、秋晴れの下で迫力あるレースが繰り広げられた。  相馬野馬追執行委員会の主催。宇多郷、北郷、中ノ郷、小高郷、標葉(しねは)郷の各騎馬会から三十八頭が出走した。...[記事全文

カテゴリー:主要

福大生ら投票訴え 知事選期間中最後の日曜日 県下一斉街頭啓発

JR福島駅前で投票を呼び掛ける春菜さん(左)ら
 県選管委と県内各市町村選管委は知事選期間中で最後の日曜日となる二十一日、投票率アップに向けて県下一斉の街頭啓発を繰り広げた。  このうち、福島市のJR福島駅東口広場では県選管委県北地方事務局から「明るい選挙啓発推進アンバサダー」に委嘱された元ミ...[記事全文

カテゴリー:主要