今日の撮れたて

子供歌舞伎華やかに 会津田島祇園祭が開幕

屋台で上演され、観客を魅了した子供歌舞伎
 国の重要無形民俗文化財で八百年以上の歴史を誇る会津田島祇園祭は二十二日、南会津町田島地区で開幕した。二十四日まで祭事が続く。初日は屋台で子供歌舞伎が上演された。  地区中心部の一二一号国道に繰り出した屋台の上で、本能寺の変後の明智光秀を題材にし...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

相馬の夏復活 原釜尾浜海水浴場8年ぶり海開き

8年ぶりに海開きし、にぎわいが戻った原釜尾浜海水浴場=相馬市
 相馬市の原釜尾浜海水浴場は二十一日、八年ぶりに海開きした。県内外から大勢が訪れ、浜通り北部を代表する海水浴場ににぎわいが戻った。 夏休み初日とあり、家族連れの姿が目立った。絶好の天候に恵まれ、子どもらが波打ち際で大きな歓声を上げていた。...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

原釜尾浜海水浴場21日再開 相馬

松川浦散策マップをPRする遠藤さん
 東日本大震災、東京電力福島第一原発事故以降、開設を見合わせていた相馬市の原釜尾浜海水浴場は二十一日、八年ぶりに海開きする。浜通り北部を代表する海水浴場に震災前のにぎわいが戻る。  当日は午前九時から海開きと安全祈願祭を行う。その後、相馬青年会議...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

コチョウラン首都圏へ 葛尾、初出荷に向け作業本格化

首都圏向けの出荷を目前に控えるコチョウラン
 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故からの復興に向け、葛尾村が農業再生の目玉に位置付けている村内産コチョウランが二十一日、首都圏に向け初めて出荷される。発送に向けた作業が本格化している。 手掛けているのは、かつらお胡蝶蘭(こちょうらん)合同会...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

県民の安全・安心の要に 県警本部新庁舎開庁式

シャクナゲを記念植樹する(左から)内堀知事、佐野検事正、渋佐公安委員長、松本県警本部長
 福島市杉妻町に完成した県警本部新庁舎の開庁式は十八日、同所駐車場で行われた。県庁や同市中心部に分散していた本部の主要部署を集約し、災害時の危機管理拠点となる。  関係者約百人が出席した。松本裕之本部長が式辞で「安全安心のランドマークとして存在感...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

オオムラサキ優雅な食事 福島

コナラの樹液を吸うオオムラサキ。左はコガネムシとカナブン
 福島市西部の山林で国蝶(こくちょう)の「オオムラサキ」が飛び交う姿が見られるようになった。コナラの幹に止まり、コガネムシやクワガタなどと樹液を吸っている。 オオムラサキは羽を広げると約一〇センチになる大形の美しいチョウ。各地の雑木林などに生息し...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

福島で日フィルと演奏会 箏曲演奏家・遠藤千晶さん

オーケストラと協演し、美しい音色を響かせる遠藤さん(手前左)。指揮は藤岡さん、尺八は藤原さん
 「遠藤千晶×日本フィルハーモニー交響楽団~ザ・コンチェルト in Fukushima~」は十六日、福島市のとうほう・みんなの文化センター(県文化センター)で開かれた。福島市出身の箏曲演奏家・遠藤千晶さんがオーケストラと地元で初めて協演し、壮大な演奏で聴...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

海自護衛艦2隻同時接岸 相馬港3号ふ頭

「さわぎり」に搭載されたヘリコプターを見学する来場者。後方は「とね」
 海上自衛隊の護衛艦「さわぎり」(全長百三十七メートル)と「とね」(同百九メートル)は十五日、新地町の相馬港3号ふ頭に入港し、一般公開された。 自衛隊を身近に知ってもらおうと、昨年に続いて企画した。今年は二隻同時に接岸した。大勢の来場者が訪れ、艦...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

待ってたぞ!夏 いわきで海開き

梅雨明けした夏空の下、波打ち際で水しぶきを上げるサンシャインガイドいわきと高校生ら=いわき市・四倉海水浴場
 気象庁は十四日、県内を含む東北南部が梅雨明けしたとみられると発表した。昨年は梅雨明けが特定されなかったが、今年は平年より十一日早く本格的な夏の到来となった。  いわき市の四倉海水浴場では海開き式が行われ、浜辺に歓声が響いた。海水浴期間は八月十六...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

「ムシムシランド」今夏営業開始 園児らカブトムシ放虫

自然観察園にカブトムシを放す園児
 田村市常葉町の観光施設「ムシムシランド」の放虫式は十三日、同施設で行われた。十四日から今夏の営業を開始する。  放虫式には市内の幼稚園や保育所などから百人を超える年長児が招かれた。本田仁一市長らがテープカットした後、「虫」にちなんでカブトムシの...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて