今日の撮れたて

雨に輝くミズバショウ 福島・土湯温泉仁田沼で見頃

見頃を迎えている ミズバショウ=20日
 福島市土湯温泉町の仁田沼で、約十万株が群生するミズバショウが見頃を迎えている。20日は雨の中、訪れた観光客らが白いかれんな姿に見入っていた。周辺ではカタクリも咲き始めている。 仁田沼は標高約650メートルで土湯温泉から車と徒歩で約30分。土湯温...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

白河の小峰城”復活” 震災後初、三重櫓を一般公開

復興式が行われ、多くの来場者でにぎわう小峰城。修復された石垣(正面)と三重櫓(右上)
 東日本大震災で石垣が大規模崩落した国史跡・小峰城の復興式は19日、白河市の城山公園で行われ、震災後初めて三重櫓(やぐら)が一般公開された。約4年ぶりに入場した市民らは、桜が咲き誇る市内の景観を楽しんだ。 復興式では、鈴木和夫市長が「小峰城の復旧...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

浪江のまつり「夜ざくら花火」が本宮で「復活」

満開の桜とともに本宮市の夜空を彩った「夜ざくら花火」
 本宮市の地域おこしグループ「しらさわ未来会議」が、市内で避難生活を送る浪江町民を元気づけようと企画した「元気咲かそう!しらさわ桜まつり」は18日、同市の白沢公民館前特設会場で催された。東日本大震災前まで浪江で開かれていた「なみえ請戸川リバーライン桜まつ...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

磐梯吾妻スカイライン 待望の再開通

再開通した磐梯吾妻スカイラインを上り浄土平に向かう車両=17日午前10時25分ごろ
 冬季閉鎖だった磐梯吾妻スカイライン(28・7キロ)が17日、再開通した。福島市は噴火警戒レベル2(火口周辺規制)に引き上げられている吾妻山の入山規制範囲を縮小し、一切経山の大穴火口から500メートル範囲とした。 再開通式後に通行可能になると、県...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

春、悠々と 郡山の笹原川千本桜

約2キロにわたって咲き誇る笹原川千本桜=16日、小型無線ヘリで撮影
 本格的な春を告げる桜の便りは会津地方をはじめ山間部にも届き始めた。地域の象徴として代々、親しまれている桜、地域活性化の切り札として期待を背負う桜…。それぞれの思いを乗せて桜前線は、北上を続けている。間もなく満開となる名所を一堂に集めて紹介する。...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

吾妻山に春の息吹

吾妻小富士から望む浄土平周辺。中央奥は一切経山=14日午前10時すぎ
 磐梯吾妻スカイラインは17日に再開通する。吾妻小富士(福島市)山頂からは残雪をまとった一切経山(1,949メートル)をはじめ春の山岳景観が広がる。 雪解けが進み、吾妻小富士の登山道は通行できるようになった。浄土平湿原を一周する木道も半分ほど姿を...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

只見に春を告げるユビソヤナギ咲く

只見に春の訪れを告げるユビソヤナギの花穂。町民らが河川敷の残雪を踏みしめながら観賞している
 昨年6月にユネスコエコパークに登録され、初めての春を迎えた只見町でユビソヤナギの花穂が咲き始めた。 ユビソヤナギは環境省指定の絶滅危惧種で、伊南川流域が国内最大の自生地とされる。花穂は只見に春の訪れを告げる風物詩として知られる。河川敷に雪が残る...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

三春滝桜見頃に 八分咲き ライトアップも

見頃を迎えた三春滝桜。薄紅色の花を咲かせた巨木が観光客を魅了している=12日
 三春町にある国指定天然記念物で日本三大桜の一つの「三春滝桜」が見頃を迎え、大勢の観光客を魅了している。  エドヒガン系のベニシダレザクラで、樹齢は千年を超える。樹高は13・5メートル、枝の広がりは25メートルに達する。名前は滝の流れ落ちる姿に似...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

県北の山車競演 福島でフェスタ

県都の中心街を威勢のよい掛け声とともに練り歩く山車。右は復活した踊り屋台
 「2015ふくしま県北山車フェスタ」は11日、福島市中心部の13号国道をメーンに開かれ、県北地方の山車22台と約半世紀ぶりに復活した同市唯一の踊り屋台などが県都の街なかをにぎやかに練り歩いた。 福島商工会議所、福島市、二本松市、伊達市、福島市商...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

ホープス11日開幕戦 開成山野球場で新潟と対戦

開幕戦を前にシートノックに汗を流す福島ホープスの選手
 プロ野球の独立リーグ・BCリーグは11日開幕する。今季初参戦する本県初のプロ野球球団「福島ホープス」は同日午後1時から郡山市の開成山野球場で「新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ」(新潟県)と対戦する。 福島民報社がスポンサーとなり、「福島...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて