今日の撮れたて

応援ボード6年半ぶり公開 川俣町役場 人気漫画家がメッセージ

人気漫画家のイラストが描かれた応援メッセージボード
 東日本大震災直後の2011(平成23)年4月に川俣町で開催された町民支援イベント「いらっしゃい、川俣」で、人気漫画家が描いたイラスト入り応援メッセージボードが、6年半ぶりに町役場で公開されている。 町の復興を象徴する町役場新庁舎の開庁1周年に合...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

奥会津昭和からむし織 国の伝統的工芸品に指定

記念パネルを除幕する(左から)五十嵐勝、戸田、菅家、馬場、星、五十嵐良の各氏
 昭和村に伝わる「奥会津昭和からむし織」が国の伝統的工芸品に指定された。経済産業省が30日、発表した。県内からの指定は14年ぶり5件目。 奥会津昭和からむし織は昭和村で生産されているからむしを材料とし、地機(じばた)で織った織物。村では約300年...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

「光のしずく」きらめいて 福島で試験点灯 パセオ470

パセオ470を彩る「光のしずく」
 県都・福島市の中心街を彩るイルミネーション「光のしずく」の試験点灯は29日、パセオ470で行われた。飲食店などが並ぶ通りを、街路樹に取り付けた約20万球の発光ダイオード(LED)が幻想的に照らした。 本点灯は12月1日からで、同日午後5時から街...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

伝統の味、風味豊か 凍み豆腐作り本格化

冬の日差しと寒風に当てるため干し場につるされる凍み豆腐
 福島市立子山地区で煮物などに欠かせない特産の凍(し)み豆腐作りが本格化している。 三本杉正洋さん(79)方では、パートの主婦らの手を借りて凍らせた豆腐を手際よくわらで結わえた後、干し場や軒下につるす作業に追われている。天候にもよるが4日から1週...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

あんぽ柿作り最盛期

干し場にオレンジ色の実を並べ、あんぽ柿作りに励む曳地さん夫婦
 県北地方で特産の「あんぽ柿」作りが最盛期を迎えている。 伊達市梁川町五十沢の曳地一夫さん(59)方では、曳地さんと妻代里子さん(58)ら家族が連日、「蜂屋(はちや)」「平核無(ひらたねなし)」の皮をむき、干し場で乾燥させている。オレンジ色のカー...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

会津、長州共に前へ 日新館長宗像精さん 萩で初講演

身ぶり手ぶりを交えて熱心に講演する宗像さん
 会津若松市の会津藩校日新館長の宗像精(ただし)さん(84)は26日、来年の戊辰戦争開戦150年を前に、長州藩のあった山口県萩市で初めて講演した。互いの先人が戦火を交えた歴史的な背景を忘却することはできないとしながらも、力を合わせて日本が世界に誇る成熟し...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

小高で「あかりのファンタジー」

小高浮舟ふれあい広場にともされたイルミネーション
 南相馬市小高区の冬の風物詩で、イルミネーションに復興を願うイベント「あかりのファンタジー」の点灯式は25日、小高区の小高浮舟ふれあい広場で行われた。来年1月8日まで区内各地の夜を彩る。 小高観光協会の主催、市の後援。午後5時に花火と同時に広場の...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

犬康第一の一年に 張り子作り最盛期 郡山

来年のえと、戌の張り子人形を仕上げる橋本さん一家=高柴デコ屋敷・彦治民芸
 郡山市西田町にある高柴デコ屋敷の「彦治(ひこじ)民芸」で来年のえと「戌(いぬ)」の張り子人形作りが最盛期を迎えている。 愛らしい表情と背中に松竹梅の模様が描かれた縁起のよい「宝いぬ」。家内安全と子孫繁栄、子宝の御利益があるとされている。10代目...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

光のトンネルまばゆく 国見道の駅で点灯式

道の駅国見あつかしの郷を美しく彩るイルミネーション
 国見町の冬を彩る「明日へのイルミネーション」が23日、町内で始まった。メイン会場は、今春オープンした道の駅国見あつかしの郷で、ロマンチックな空間を演出している。 同駅で点灯式が行われた。カウントダウンに合わせてスイッチが押されると、まばゆい光が...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

カウントダウン盤設置 全国植樹祭 200日前機運盛り上げ

カウントダウンボードを除幕した(右から)七海さん、斎藤会長、内堀知事、菅野副市長、五十嵐駅長、大谷さん
 来年6月10日に南相馬市で開かれる第69回全国植樹祭の開催日200日前を記念したカウントダウンセレモニーは22日、郡山市のJR郡山駅で行われ、カウントダウンボードがお披露目された。 県内ゆかりの4人組男性ボーカルグループ「GReeeeN」が作詞...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて