今日の撮れたて

炎赤々と 須賀川で「松明あかし」

次々と燃え上がる巨大な松明
 晩秋の須賀川を彩る伝統の火祭り「松明(たいまつ)あかし」は11日、須賀川市の翠ケ丘公園内の五老山で行われ、鎮魂の祈りを託した炎が赤々と夜空を焦がした。 実行委員会の主催。戦国時代の1589(天正17)年、須賀川一帯を領有していた二階堂家に伊達家...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

真っ赤に色づいた可月亭庭園のドウダンツツジ 会津若松市

紅葉したドウダンツツジが映える可月亭庭園
 連日の冷え込みで真っ赤になったドウダンツツジが松などの緑と鮮やかな対比を描いている。モミジも色づき始めた。  市内の国指定名勝・松平氏庭園御薬園と同じ流れをくむ回遊式日本庭園で、約400年前の築庭とされる。藩政時代には茶室「可月亭」があり、藩主...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

虹の共演 きのうの福島市

福島市上空に現れた二重の虹=9日午前10時ごろ
 9日の県内は冬型の気圧配置となり、会津で曇り、中・浜通りで晴れや曇りとなった。強い風が吹いた所もあった。 福島市では午前8時から午前10時ごろにかけて、市内の信夫山周辺に虹がかかり、登校中の小学生らが、自然が織り成す美しい現象に見入っていた。虹...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

ドローン学校開校 技術や法令指導 南相馬

職員の指導を受け、ドローンを操作する受講者(右)
 小型無人機「ドローン」の操縦を学ぶスクールは8日、南相馬市馬事公苑に開校した。浜通りでは初となる。 起業支援などに取り組む市の第三セクター「ゆめサポート南相馬」が運営する。1日で基本的な操縦方法を指導する初心者向け(ビギナー)と3日間にわたり飛...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

若松で柿収穫最盛期 会津身不知

遠藤さん家族が丁寧に収穫した会津身不知柿
 会津若松市で特産の会津身不知柿(みしらずがき)の収穫が最盛期を迎えている。 同市門田町御山の「遠藤農園」では、園主の遠藤憲二さん(62)と妻睦子さん(58)、長男晃英さん(29)が知人の手伝いを受け、有機肥料低農薬の畑で栽培したオレンジ色の実を...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

ニホンリス冬支度 7日は「立冬」

愛くるしい姿を見せるニホンリス
 7日は二十四節気の一つ「立冬」。福島市荒井の水林自然林では本格的な冬の訪れに備えて盛んに食べ物を探すニホンリスの姿が見られる。 ニホンリスは体長20センチ前後で日本固有の哺乳類。この時期は夏毛から冬毛に変わり、見つけたクルミや松ぼっくりなどの食...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

復興へ銀輪疾走 ツール・ド・かつらお 第1回民報杯

紅葉に彩られた葛尾村内を駆け抜ける選手。左奥では復興交流館の建設工事が進む
 葛尾村一円を巡る自転車のロードレース大会「ツール・ド・かつらお~第1回福島民報杯~」は5日、村内落合の村地域福祉センター「みどり荘」をスタート・ゴールに開かれた。県内外の200人が東日本大震災と東京電力福島第一原発事故からの復興の歩みを進めている村内を...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

震災犠牲者弔う大輪 二本松少年隊花火大会

復興の願いを込めて打ち上げられた花火
 二本松青年会議所の「福幸祭-未来のために-第8回二本松少年隊花火大会」は4日、二本松市の安達ケ原ふるさと村で開かれた。二本松少年隊を顕彰するとともに、東日本大震災犠牲者を慰霊する花火1500発が打ち上げられた。 市、福島民報社などの後援。華やか...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

華やぐ秋の月夜 若松で会津全国煙火競演会

会津の夜空を彩った花火
 第2回会津全国煙火競演会は3日、会津若松市町北町藤室地区で開かれ、秋の月夜に全国トップクラスの花火師が自慢の花火を打ち上げた。  地元商工業者や経済団体関係者、福島民報社などでつくる実行委員会の主催。約30の花火業者が参加した。「ミュージックワ...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

英国庭園4日に開園 本宮

英国庭園を象徴するローズドームにツルバラを絡ませ、開園準備を進める浜野さん
 本宮市が市内のプリンス・ウィリアムズ・パーク屋外遊び場に整備を進めてきた英国庭園は4日、開園する。2日は英国大使館の元専属庭師で英国庭園アドバイザーの浜野義弘さんらがローズドームにツルバラを植えるなどして開園準備を整えた。バラは早ければ再来年から、サル...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて