今日の撮れたて

大輪、浅川の夜空彩る お盆供養、震災慰霊花火も

夜空を彩った「浅川の花火」
 お盆の供養花火として受け継がれてきた浅川町の伝統行事「浅川の花火」は16日、町内滝輪地区などで打ち上げられた。東日本大震災の犠牲者を慰める慰霊花火も繰り広げられた。 慰霊花火は7年目で今年のテーマは「十六夜(いざよい)の蝉折(せみおれ)」。尺玉...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

Uターンピーク 県内の交通機関

首都圏方面にUターンする車が連なる東北自動車道上り線=15日午後、須賀川インターチェンジ付近
 お盆休みを古里や観光地で過ごした人のUターンは15日、県内の交通機関でピークを迎えた。多くの企業で休暇が終わる16日の前日に一足早く帰宅する人たちで混雑した。 東北自動車道上り線は午前11時ごろ、鏡石町の鏡石パーキングエリア付近で16キロ、午後...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

タマゴタケ現る 福島の水林自然林

水林自然林に姿を見せた真っ赤なタマゴタケ
 福島市荒井の水林自然林で、真っ赤なキノコ「タマゴタケ」が姿を出し、散策に訪れた人の目を引いている。 タマゴタケは夏から秋にかけて、国内の広葉樹林や針葉樹林などに発生する。見た目から毒キノコと思われがちだが、食べることもできる。成長するとかさの大...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

お盆に大人への第一歩 県内トップ 下郷で成人式

晴れ着やスーツ姿で記念撮影する新成人
 県内のお盆成人式のトップを切り、下郷町の成人式が13日、町内の下郷ふれあいセンターで行われた。新成人が20歳の決意を新たにした。 新成人は男性28人、女性23人の計51人。星学町長が「豊かな感性や旺盛な行動力で、自分らしい納得のいく人生を歩んで...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

請戸の田植踊復活 浪江で震災後初

津波で流された本殿などの前で請戸の田植踊を奉納する踊り手
 東日本大震災の津波で本殿などが流失した浪江町請戸の苕野(くさの)神社で12日、震災と東京電力福島第一原発事故後初めて、請戸芸能保存会の田植踊が奉納された。奉納は6年半ぶりで、踊り手らは古里での復活を喜び、同神社の再建を願った。 仮の社殿で神事が...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

いいたて村の道の駅までい館 12日にオープン

天井から「花玉」がつるされた「までいホール」で試食する出席者
 飯舘村の特定復興再生拠点となる「いいたて村の道の駅までい館」の竣工(しゅんこう)式は11日、同村深谷の県道原町川俣線沿いの現地で行われた。12日にオープンする。東京電力福島第一原発事故で避難区域が設定された市町村で道の駅が新設されるのは初めて。...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

夜空に大輪 柳津で霊まつり・流灯花火大会

柳津の夜空を鮮やかに彩る花火
 柳津町の第80回霊(みたま)まつり・流灯花火大会は10日、同町の只見川河畔で催され、約4500発の花火が真夏の夜空を彩った。 実行委員会の主催。只見川に灯籠を流した後、花火が次々に打ち上げられた。先祖の供養や家族の健康祈願、JR只見線の全線復旧...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

北国から秋の味覚 福島の市場に生サンマ初入荷

今シーズン初めて入荷し、競りに掛けられるサンマ
 福島市公設地方卸売市場に9日、北海道根室港で水揚げされた生サンマが今シーズン初めて入荷し、競りが行われた。 銀色に輝く体長約30センチのサンマが入った2キロ箱6ケースが競りに掛けられた。卸売業者の福島丸公によると、入荷量は昨年より少なく、1キロ...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

お盆に古里の花 川俣・山木屋菅野さん方7年ぶり小菊出荷作業

お盆用の小菊の出荷に励む菅野さん夫婦
 東京電力福島第一原発事故による避難指示が3月末に解除された川俣町山木屋の農業菅野一夫さん(70)方で、お盆用の小菊の出荷作業が7年ぶりに行われている。 菅野さんは自宅周辺の畑で妻幸子さん(65)と親戚の手伝いを受け、1メートルほどに育ち、黄色や...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

湖眺め散策楽しむ 須賀川で「藤沼湖ウォーク」

水をたたえる藤沼湖を見ながら歩く参加者
 「復興藤沼湖自然公園ウォーク」は6日、須賀川市の同公園で開かれ、参加者は水をたたえた湖を眺めながら散策を楽しんだ。 須賀川市民歩こう会の主催、福島民報社などの後援。東日本大震災で決壊した農業用ダム藤沼湖の堤が復旧し、今年6年ぶりに水がたまったた...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて