今日の撮れたて

涼しげ 蒔絵風鈴 喜多方で絵付け

蒔絵の技法で一つ一つ丁寧に仕上げられる風鈴
 喜多方市の木之本漆器店で風鈴の絵付け作業が最盛期を迎えている。15日の県内は夏を思わせる陽気となったが、作業場には風鈴が並び、涼しげな空間となっている。 代表の遠藤久美さん(60)と従業員が蒔絵(まきえ)の技法を生かし、花や金魚、ホタルなど主に...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

魅惑魔女の瞳 吾妻連峰・五色沼雪解け

コバルトブルーに輝く吾妻連峰・五色沼
 神秘的な水面の色から「魔女の瞳(ひとみ)」と呼ばれ、登山者に人気の吾妻連峰・五色沼が“目覚め”を迎えた。 沼を覆っていた雪氷が溶けてコバルトブルーに輝き、残雪の白との美しい対比を見せている。連日、訪れた登山者が歓声を上げている。 福島市...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

いわきFC連覇、2-1で福島U破る 天皇杯予選県選手権

2連覇を飾り、サポーターと喜ぶいわきFCイレブン
 天皇杯JFA第98回全日本サッカー選手権の県代表を決める福島民報杯・NHK杯第23回県サッカー選手権大会の決勝は13日、福島市のとうほう・みんなのスタジアム(あづま陸上競技場)で行われ、いわきFCが2-1で福島ユナイテッドFC(福島U)を下し、2年連続...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

朝日映し輝く水鏡 県内で田植え進む

朝日を反射して美しく輝く大玉村の水田
 県内は田植えが進み、各地で水を張った田んぼが美しい景観を見せている。 明け方に、大玉村と本宮市にまたがる大名倉山(576メートル)の山頂から大玉村方面を望むと、一面に広がる水田が朝日を反射して、鏡のような輝きを放っている。稲が成長する前のこの時...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

震災前の3割回復 ハマエンドウとハマヒルガオ いわき久之浜

いわき市久之浜海岸で咲き競うハマエンドウとハマヒルガオ
 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故から11日で7年2カ月を迎えた。津波被害を受け、一部で防災緑地が完成した、いわき市久之浜町の久之浜海岸でハマエンドウとハマヒルガオの共演が見られる。 地元の住民やボランティアらが砂浜の別の場所に株を移して増...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

ウオークビズ普及へ連携 県民運動フォーラム

スニーカー姿でウオークビズ推進に向けて連携を確認した内堀知事(右)と鈴木長官
 県民の健康増進に向けた初の「チャレンジふくしま県民運動フォーラム」は10日、福島市のザ・セレクトン福島で開かれた。内堀雅雄知事と鈴木大地スポーツ庁長官が対談し、県が推奨している歩きやすい靴や服装で通勤する「ウオークビズ」の普及啓発に向けて連携していく考...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

季節逆戻り 3~4月並みの寒さ 9日の県内

雨が降る中、厚着をして職場などに向かう人たち=9日午前8時15分ごろ、JR福島駅東口
 9日の県内は前線を伴った低気圧や寒気の影響で雨となり、各地で3月中旬から4月上旬並みの寒さとなった。 福島地方気象台によると、日中の最高気温は北塩原村桧原で7.1度、白河市で9.9度、会津若松市で13.0度など。軒並み平年より6~11度以上低か...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

エナガ愛らしく 10日から愛鳥週間 福島

ヒナに餌を与えるエナガの親鳥
 10日から「愛鳥週間」が始まる。福島市荒井の水林自然林では、エナガのつがいが木の上にコケなどで作った巣の中のヒナに餌を与える姿が見られる。 エナガの成鳥は尾羽が長い。体長は13.5センチほどで、小さくてかわいらしい姿が人気。つがい以外の雄が子育...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

“紫小道”雨露輝く 大谷地区のアヤメ(郡山市)

紫色の花が見頃となったアヤメ
 三穂田町大谷地区で水田脇の道沿い約3.5キロにわたり植栽されているアヤメが見頃を迎えた。7日は午後から雨となり、ぬれた紫色の花が鮮やかさを一層増していた。 地元住民でつくる美環大谷会(びかんおおやかい)が12年前から毎年植え続け、今では1万本を...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

迫力の戦国合戦 南相馬でサムライフェス

甲冑を着込んで、「南相馬矢野目の戦い」を再現する参加者たち
 相双地方に息づく武士の文化を発信する「相馬サムライフェス」は5日、南相馬市原町区の雲雀ケ原祭場地で開かれた。 相馬地区の高校生でつくる実行委員会の主催、南相馬市の後援。県内外から約1400人が来場した。戦国時代の相馬軍と伊達軍による「南相馬矢野...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて