今日の撮れたて

水音爽やか 猪苗代の達沢不動滝

緑の中で水音を響かせる達沢不動滝の男滝
 猪苗代町蚕養の達沢不動滝は夏休みを迎え、涼を求める観光客や家族連れが連日訪れている。  達沢不動滝は勇壮な男滝と優美な女滝からなる。男滝は高さ約10メートル、幅約16メートルで一枚岩の岩肌に沿って水が幾重にも流れ落ちる。女滝は男滝の西側で糸のよ...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

圧巻伝統の野馬懸 相馬野馬追日程終了

素手で裸馬を取り押さえる御小人
 国指定重要無形民俗文化財「相馬野馬追」最終日の31日、南相馬市小高区の相馬小高神社で野馬懸(のまかけ)の神事を行い、3日間の日程を終えた。 神社境内に設けられた竹矢来(たけやらい)に、騎馬武者が3頭の裸馬を1頭ずつ追い込んだ。御神水(おみたらし...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

燃える武者魂 「相馬野馬追」神旗争奪戦

勇壮な時代絵巻を繰り広げた神旗争奪戦
 国指定重要無形民俗文化財「相馬野馬追」は2日目の30日、本祭りを迎えた。神旗争奪戦や甲冑(かっちゅう)競馬など騎馬武者の繰り広げる勇壮な戦国絵巻が、南相馬市原町区の雲雀ケ原祭場地を訪れた約3万8000人を魅了した。 神旗争奪戦では約250騎が花...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

相馬野馬追開幕 小高から震災後初出陣

大勢の住民が見守る中、震災後初めて相馬小高神社から出陣し進軍する小高郷と標葉郷の騎馬武者=南相馬市小高区
 一千有余年の歴史を誇る国指定重要無形民俗文化財「相馬野馬追」は29日、開幕した。東日本大震災と東京電力福島第一原発事故後初めて、南相馬市小高区の相馬小高神社から7年ぶりに騎馬武者が出陣し、区内で威風堂々の行列を見せた。勇壮な姿に沿道の住民から歓声が上が...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

復興特別大使に委嘱 若い力で被災地再興

使命を胸に決意を新たにするメンバー
 福島民報社は28日、いわき市の小名浜高演劇部員を中心とした「小名高シアター震災復興支援プロジェクト」のメンバーを「ふくしま復興特別大使」に委嘱した。メンバーは8月2日、甚大な震災被害を受けた熊本県で舞台公演や本県の現状を伝えるプレゼンテーションを展開す...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

朝告げる大輪 猪苗代・長照寺のハス

門前で咲く大輪のハス
 世界的医学者野口英世博士の菩提(ぼだい)寺である猪苗代町三城潟の長照寺門前で、白やピンクの大輪のハスが咲き誇っている。 楠俊道住職が地元住民から約8アールの休耕田を借り受け、ハスを育てている。花は早朝から開き、昼に閉じる。 長照寺は16...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

見渡す限り夏の色 大江湿原・ニッコウキスゲ見頃

見頃を迎えている大江湿原のニッコウキスゲ
 夏の尾瀬を象徴するニッコウキスゲが檜枝岐村の尾瀬国立公園・大江湿原(標高約1,600メートル)で見頃を迎え、一帯を鮮やかな黄色に染めている。 26日は気温20度前後の涼しさの中、訪れたハイカーらが尾瀬ならではの光景に「素晴らしい」「来て良かった...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて

エイサー慰霊の踊り ハワイの団体がいわき・薄磯訪問

迫力ある踊りを披露する琉球國祭り太鼓のメンバー
 沖縄の伝統的な踊りエイサーに空手の動きや琉球舞踊の型を取り入れた創作エイサー団体「琉球國祭り太鼓」のハワイ支部メンバーらは25日、東日本大震災の津波で甚大な被害を受けたいわき市平薄磯地区を訪れ、踊りを披露し、犠牲者の霊を慰めた。 同支部創設者の...[記事全文

カテゴリー:今日の撮れたて