出場校紹介

小高工
写 真
校長 伊藤 裕隆
部長 鈴木 康雅
監督 片山  龍
投 野原 史貴[3](向陽)
捕 草野 正典[3](楢葉)
一 高野 大志[3](鹿島)
二 居村 知生[3](浪江東)
三 吉田 裕貴[3](原町二)
遊◎鶴島 啓太[3](小高)
左 丹伊田浩夢[3](浪江)
中 斎藤 辰徳[3](浪江)
右 志賀  司[3](浪江)
補 門馬  陵[2](中村一)
〃 新開 脩人[2](小高)
〃 星  辰弥[2](石神)
〃 亀田 将弘[2](小高)
〃 高橋 郁美[2](原町一)
〃 林  芳樹[3](原町三)
〃 森  勇人[2](小高)
〃 林  雅翔[3](鹿島)
〃 高木 一樹[3](浪江)
〃 渡部 和樹[3](浪江)
〃 酒井 伸輔[3](浪江東)

 ※◎は主将、[]内は学年、()内は出身中
【投手力】右上手投げの主戦野原は130キロ台の直球と変化球でコーナーを突く。左上手投げの丹伊田は変化球主体。
【攻撃力】1番草野は俊足巧打。中軸を担う鶴島、高野、斎藤の前にいかに好機をつくれるかが勝敗の鍵を握る。
【守備力】内野は野原、草野のバッテリーと居村、鶴島の二遊間を軸に安定している。外野は中堅斎藤が中心。
 片山龍監督 野球ができることに感謝して臨む。