59市町村応援プロジェクト

  • Check

59市町村応援プロジェクトスタート 石川で記念植樹

6年生が見守る中、シダレザクラを植樹する(左から)高橋社長、加納町長、渡辺校長、矢内さん、十文字君

 県内市町村の地域づくりを後押しする福島民報社の「ふるさと大好き 59市町村応援プロジェクト」は7日、石川町をトップに始まった。来年の福島民報創刊125周年記念事業の一環で、今後全市町村を巡る。
 地域活性化の取り組みなどを紙面で紹介するほか、県、県森林・林業・緑化協会、県造園建設業協会、県農林種苗農協などの協力で記念植樹を行う。平成30年に南相馬市で開かれる第69回全国植樹祭の連携事業として森林や里山保全の機運を盛り上げる。新聞を使った「出前講座」や「地域カフェ」なども随時開催する。
 石川町ではこの日、石川小で記念植樹を行い、児童らが町の花の桜にちなみシダレザクラを植えて郷土を愛する心を確かめた。福島民報社の高橋雅行社長が「県内の市町村が元気になってほしいという思いでプロジェクトを始めた。桜の町がより発展するよう願う」と趣旨を説明した。加納武夫町長、渡辺敏幸校長があいさつした。
 6年生約30人が見守る中、高橋社長らが児童代表の十文字息吹(いぶき)君(6年)、矢内穂乃佳(ほのか)さん(6年)と一緒に敷地内にシダレザクラを植えた。秋山義貴君(6年)が「全校児童でこの桜の木を育てていきます」と感謝の言葉を述べた。
 町内のお菓子のさかい石川本店では同日、福島民報社の「アート・サロン」が開かれた。

カテゴリー:2016 石川町

「2016 石川町」の最新記事

>> 一覧

59市町村応援プロジェクト 2016の最新記事

>> 一覧