59市町村応援プロジェクト

  • Check

新庁舎のシンボルに 市長、園児ら植樹 市山都総合支所民報社、少花粉スギ寄贈

植樹をする喜多方市関係者と山都こども園の園児ら
 県内市町村の地域づくりを後押しする福島民報社の「ふるさと大好き 59市町村応援プロジェクト」の記念植樹式は12日、喜多方市山都町の市山都総合支所で行われた。福島民報社が贈った少花粉スギなどを植えた。
 山口信也市長や山本裕司支所長、地元の山都こども園の園児らが参加し、遠藤義範福島民報社常務がプロジェクトの概要を紹介した。山口市長は「立派な木になるよう皆さんで大切に育てましょう」と呼び掛けた。山本支所長は支所が今後、建て替えられると説明し「新庁舎のシンボルになる」と述べた。
 プロジェクトに合わせ、喜多方市は市の木である飯豊スギを植えた。

 プロジェクトは来年の福島民報創刊125周年記念事業の一環。平成30年に南相馬市で開催される第69回全国植樹祭の連携事業として森林や里山保全の機運を盛り上げる。県と県森林・林業・緑化協会、県造園建設業協会、県農林種苗農協などの協力を得ている。県内全市町村を巡っており、喜多方市は6カ所目となった。

カテゴリー:2016 喜多方市

「2016 喜多方市」の最新記事

>> 一覧

59市町村応援プロジェクト 2016の最新記事

>> 一覧