59市町村応援プロジェクト

  • Check

「すてきにハンドメイド」公開収録 避難者 ニット編み物体験

編み方のこつを話す広瀬さん(右)と中山さん(中央)
 NHKEテレ「すてきにハンドメイド」の公開収録が桑折町のやすらぎ園で行われ、町内の仮設や災害公営住宅の入居者らがニットの編み物を楽しんだ。
 東日本大震災の被災地復興を支援するスマイルキャラバン2016の事業。災害公営住宅などには浪江町や桑折町で被災に遭った人が暮らしている。50人が参加した。講師はニットの伝道師として知られるニット作家の広瀬光治さん。番組で司会をしている中山エミリさんも訪れた。
 作ったのはポシェット型お散歩バッグ。広瀬さんは編み方を解説した後、参加者の所を回って、きめ細かく指導した。
 イベントの様子は6月16日午後9時半から、再放送は21日午前10時15分からと23日午前11時半からいずれもNHKEテレで放送される。

カテゴリー:2016 桑折町

「2016 桑折町」の最新記事

>> 一覧

59市町村応援プロジェクト 2016の最新記事

>> 一覧