59市町村応援プロジェクト

  • Check

ヤマツツジを植栽 暮らしの伝承郷 復興、発展 願い込め

ヤマツツジを植樹する清水市長(左から2人目)と吉田館長(同4人目)、花見取締役(同5人目)と児童。左はフラおじさん
 県内市町村の地域づくりを後押しする福島民報社の「ふるさと大好き 59市町村応援プロジェクト」の記念植樹式は28日、いわき市暮らしの伝承郷で行われ、福島民報社が贈ったヤマツツジを植えた。
 清水敏男市長と同施設の吉田生哉館長、施設内で同日開講した「キッズ民話語り部教室」の受講者の植野千聖(ちさと)さん(11)=好間一小6年=ら児童5人が参加した。市の観光情報ナビゲーター「フラおじさん」も駆け付けた。
 福島民報社の花見政行取締役広告局長がプロジェクトの概要を説明し、「ツツジが市の復興や発展、子どもの成長を見守ってくれる」とあいさつした。清水市長は同施設が市内にあった湯長谷(ゆながや)藩を舞台にした映画「超高速!参勤交代 リターンズ」のロケ地になったことに触れ、「記念の地で植樹ができてうれしい」と喜んだ。吉田館長は「来場者の目を楽しませてくれると確信している」と話した。
 プロジェクトは来年の福島民報社創刊125周年記念事業の一環。平成30年に南相馬市で開かれる全国植樹祭との連携事業として、森林や里山保全の機運を盛り上げる。県と県森林・林業・緑化協会、県造園建設業協会、県農林種苗農協などの協力を得ている。県内全市町村を巡っており、いわき市は8カ所目となった。

カテゴリー:2016 いわき市

「2016 いわき市」の最新記事

>> 一覧

59市町村応援プロジェクト 2016の最新記事

>> 一覧