59市町村応援プロジェクト

  • Check

「民報号」で新聞理解 泉崎一小の5年生29人

興味のある記事を探す泉崎一小の児童
 泉崎村の泉崎一小の5年生29人は23日、福島民報社の移動編集車「民報号」を活用して新聞の作り方や読み解き方の学習を通じて社会への関心を高めた。
 DVDの映像を見ながら取材から記事の執筆、レイアウト、印刷、配達までの流れを学んだ後、福島民報社編集局の市川純一企画委員の講義を受けた。児童は23日の福島民報の紙面の中から興味や関心のある記事を探し出しながら同じニュースでも読み手によって関心の度合いや感じ方が異なることを知った。
 「AKB総選挙」の記事に見出しを付ける作業も体験し、記事の要点を短く、分かりやすく伝える見出しの役割や重要性を実感していた。民報号で学習の様子を伝える号外を製作して児童全員に配布した。

カテゴリー:2016 泉崎村

「2016 泉崎村」の最新記事

>> 一覧

59市町村応援プロジェクト 2016の最新記事

>> 一覧