59市町村応援プロジェクト

  • Check

子育て夫婦に土地・住宅 村、一定期間居住で譲渡

 泉崎村は平成28年度内にも、村内の天王台ニュータウンに一定期間、居住すれば土地・建物を無償譲渡する賃貸住宅事業を始める。人口減少対策の一環で、子育て世代の定住促進を目指す。
 村内外の育児中の夫婦が対象で、JR泉崎駅近くの天王台ニュータウンに村が建てる住宅に今後設定する居住年数の間住めば、土地とともに譲り渡す。年数は今後、検討する。
 天王台ニュータウンは平成10年に分譲を開始し、これまでに198区画のうち156区画を販売した。事業は残る42区画で実施する。村は既に、モデルハウスとなる平屋の戸建て住宅1棟を設けた。今後、県内や首都圏向けに田植えや宿泊を体験しながら村で暮らす魅力を伝える「田舎暮らし体験プロジェクト」を実施し、参加者に事業をPRする。
 村は地方版総合戦略「泉崎村まち・ひと・しごと創生総合戦略」に、現在の村の合計特殊出生率の1・26を14年後の2030年までに2・10に引き上げる目標を盛り込んだ。実現に向け、28年度から幼稚園の保育料を無料にするなど子育て環境の整備に力を入れている。
 久保木正大村長は「若い世代に村内に住み、村の魅力を知ってほしい」と話している。

カテゴリー:2016 泉崎村

「2016 泉崎村」の最新記事

>> 一覧

59市町村応援プロジェクト 2016の最新記事

>> 一覧