59市町村応援プロジェクト

  • Check

田村市に「復興の灯り」 民報社寄贈 都路の街路灯に

矢内取締役から街路灯の目録を受ける冨塚市長(左)
 福島民報社は3日、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故からの復興を進めている田村市に街路灯「復興の灯(あか)り」1基を寄贈した。
 贈呈式は田村市役所で行われた。福島民報社の矢内節男取締役が「復興の一助にしてほしい」と話し、冨塚宥●市長に目録を手渡した。冨塚市長は「地域を明るく照らすのに活用したい」と謝辞を述べた。
 田村市は平成26年4月に避難指示解除準備区域が解除された同市都路地区に街路灯を設置する。
 街路灯を贈る取り組みは、県内市町村の地域づくりを後押しする福島民報社の「ふるさと大好き 59市町村応援プロジェクト」の一環。原発事故に伴い避難区域が設定された12市町村にともる明かりを増やし、住民の安心を支える。川内村に続いて田村市が2例目の寄贈先となった。
※●は日ヘンに景

カテゴリー:2016 田村市

「2016 田村市」の最新記事

>> 一覧

59市町村応援プロジェクト 2016の最新記事

>> 一覧