59市町村応援プロジェクト

  • Check

海外派遣 磨け国際感覚 中島中3年生26人事前研修 9月にマレーシア

マレーシアへの出発前に研修に取り組む生徒
 9月12日にマレーシアを訪れる修学旅行を前に、中島村の中島中3年生は事前研修を進めている。現地の中学生との交流などを通じて国際感覚を磨く。
 今年の派遣事業は中島中の修学旅行に移行し、3年生26人全員が参加する。内容は一部変更され、生徒の体調面を考慮して訪問先はコタキナバルのみとした。日程は12日から15日までの4日間。現地の中学校イナナムセカンダリースクールで交流会に臨み、マングローブの湿地帯ウエットランドセンターで国際協力機構(JICA)の活動を見学する。
 生徒はJICA二本松で研修を受けた。現地の中学校で披露するよさこいの練習にも取り組んできた。修学旅行実行委員長の長倉翔さん(14)は「海外は初めて訪れるため緊張している。コミュニケーションが取れるように英語の練習を頑張りたい」と意気込んでいる。後藤さとみ校長は「海外を通して日本との価値観の違いなどを学び、国際人として必要な経験を積んでほしい」と期待している。
 9月9日に出発前の結団式が予定されている。
 マレーシアへの中学生派遣事業は平成26年に始まった。当時は村が中学生を対象に参加者を募り、首都クアラルンプールと東部最大都市コタキナバルを訪れた。日本大使館や博物館などを訪問し、生活習慣や歴史などに理解を深めた。

カテゴリー:2016 中島村

「2016 中島村」の最新記事

>> 一覧

59市町村応援プロジェクト 2016の最新記事

>> 一覧