59市町村応援プロジェクト

  • Check

イノシシ革使った ブレスレット完成 親子ら楽しみ作る

ハンマーを使ってイノシシの革の型抜きに取り組む参加者
 伊達市ミニ講座「イノシシ革ブレスレットワークショップ」は29日、市内の伊達中央交流館で開かれ、参加者がイノシシ革を使ったブレスレット作りに挑戦した。
 福島民報社の「ふるさと大好き 59市町村応援プロジェクト」の一環。市農林業振興公社が商品を展開しているイノシシ革を使った。市内外から約40人が参加した。
 参加者はイノシシ革を好きな形に型抜きし、牛革のブレスレットに飾り付けた。思い通りに仕上がってくるとにこやかに作業を楽しんでいた。
 市内保原町の斎藤和心(なごみ)さん(9つ)=保原小4年=は父の保徳さん(35)と一緒に訪れ「普段から作っているビーズのアクセサリーと違って難しかったが、かわいいブレスレットができた」と笑顔を見せていた。

カテゴリー:2016 伊達市

「2016 伊達市」の最新記事

>> 一覧

59市町村応援プロジェクト 2016の最新記事

>> 一覧