59市町村応援プロジェクト

  • Check

市交流協の派遣団出発 2日、姉妹都市調印へ 米国リビア市と絆

米国リビア市に出発した団員ら
 米国マサチューセッツ州リビア市を訪問する伊達市国際交流協会海外派遣事業団の出発式は28日、市役所で行われた。団員は8月2日、リビア市役所で行われる伊達市とリビア市の姉妹都市締結調印式に臨む。

 団員の中高生9人と一般市民3人の計12人が出席した。安田博行同協会長が「失敗を恐れずフロンティア精神で頑張ってきてほしい」とあいさつ。佐藤周一団長が「子どもたち、メンバーとともに一回り、二回り大きくなって帰ってきたい」と意気込んだ。
 団員はバスに乗り込み、保護者や友人らに見送られて出発した。

■ホームステイし6日帰国予定
 一行はリビア市でホームステイしながら現地の市役所や中学校、近くのハーバード大などを訪れ、見聞を広める。8月6日に帰国する。
 リビア市への訪問は旧月舘町時代からの事業を引き継いでいる。

カテゴリー:2016 伊達市

「2016 伊達市」の最新記事

>> 一覧

59市町村応援プロジェクト 2016の最新記事

>> 一覧