59市町村応援プロジェクト

  • Check

菊人形を「飾り付け」 親子連れ 菊師の仕事体験

菊着けを体験する参加者
 二本松の菊人形の菊着け体験は13日、二本松市の県立霞ケ城公園内の菊人形会場予定地で実施された。
 二本松菊栄会の主催。人形に菊の衣裳(いしょう)を着せる「菊師」の仕事体験、伝統技術の継承を目的に企画した。親子連れ約30人が参加した。
 二本松菊栄会の菊師・渡辺アイ子さん、斎藤ナツイさん、鈴木耐子さんを講師に、人形の下地となる胴殻にヒノキの葉をイグサで結び付けていく「ヒ葉着け」、菊の根巻きした部分を胴殻に挿し込み、茎を折らないように慎重に曲げイグサで結び付けていく「菊着け」などに挑戦した。
 二本松市の二本松北小1年の黒沢佳琳(かりん)さん(6つ)は「ヒノキの葉や菊を人形に結び付けるのが楽しかった」と笑顔を見せた。

カテゴリー:2016 二本松市

「2016 二本松市」の最新記事

>> 一覧

59市町村応援プロジェクト 2016の最新記事

>> 一覧