59市町村応援プロジェクト

  • Check

地元産米で料理に挑戦 親子で協力、手際よく

炊きたてのご飯でおにぎりを作る子どもたち
 福島民報社の「ふるさと大好き 59市町村応援プロジェクト」の湯川村ミニイベント「親子で楽しむ料理教室」は2日、村保健センターで開かれた。
 村栄養士の室井つな子さんが講師を務めた。「湯川米のおにぎりパワーを学ぼう!」をテーマに、今年収穫されたばかりの湯川産コシヒカリを使った焼きおにぎりとせんべい、具だくさんのみそ汁を作った。小学生の親子ら11人が参加した。
 室井さんから味付けのポイントなどを聞きながら、手際よく調理を進めた。試食会では、出来たての料理をおいしく味わった。参加した会津若松市の松長小5年の阿部瞭君(10)は「湯川のご飯がとてもおいしかった。習った料理をアレンジして家でも作ってみたい」と笑顔で話した。
 当初は1日の開催予定だったが、2日に変更した。

カテゴリー:2016 湯川村

「2016 湯川村」の最新記事

>> 一覧

59市町村応援プロジェクト 2016の最新記事

>> 一覧