59市町村応援プロジェクト

  • Check

民報社が町にアカマツ 中畑幼稚園で目録贈呈式 大池公園に植樹

大池公園に植樹されたアカマツ
 福島民報社は24日、矢吹町にアカマツを寄贈した。同日、町内の中畑幼稚園で目録の贈呈式が行われた。
 県内市町村の地域づくりを後押しする「ふるさと大好き 59市町村応援プロジェクト」の一環。当初、町内の大池公園で記念植樹式を行う予定だったが、雪の影響で変更となった。園児43人が参加した。福島民報社の遠藤義範常務がプロジェクトの趣旨を説明し、野崎吉郎町長に目録を手渡した。
 野崎町長は「寄贈の思いに応え、今後も町民と力を合わせて『住んでよかった』『住み続けたい』と思える地域をつくりたい」と述べた。町のゆるキャラ「やぶきじくん」が立ち会った。
 プロジェクトは来年の福島民報創刊125周年記念事業の一環。県と県森林・林業・緑化協会、県造園建設業協会、県農林種苗農協などの協力を得ている。4月から各市町村を巡っており、矢吹町は39カ所目。アカマツは町内の大池公園に植樹された。
 贈呈式終了後、第69回全国植樹祭に向けた県実行委員会の「森林(もり)とのきずなづくり植樹リレー」のプレート引き継ぎ式が行われた。

カテゴリー:2016 矢吹町

遠藤常務(中央左)から目録を受ける野崎町長(同右)

「2016 矢吹町」の最新記事

>> 一覧

59市町村応援プロジェクト 2016の最新記事

>> 一覧