59市町村応援プロジェクト

  • Check

民話と温泉楽しむ さぎり荘で「ミニ講座」

民話を紹介する小松さん(中央)
 福島民報社の「ふるさと大好き 59市町村応援プロジェクト」の鮫川村ミニ講座「さめがわの民話と温泉体験」は16日、湯の田温泉村民保養施設さぎり荘で開かれた。
 村内外から10人が参加した。さめがわ民話の会の蛭田ノリ子会長(67)、小松マサさん(75)、鈴木米子さん(71)が地元に伝わる民話「化身した黄金の鮫」「強滝の女石・男石の話」「天狗のいけにえ」を、やわらかい語り口で紹介した。小野町から来た「NPO法人語りと方言の会」の先崎サタ子さん(72)は「鮫川の民話に触れ、自身の活動の励みになった」と話した。希望者は温泉に入浴した。

カテゴリー:2016 鮫川村

「2016 鮫川村」の最新記事

>> 一覧

59市町村応援プロジェクト 2016の最新記事

>> 一覧