59市町村応援プロジェクト

  • Check

村の魅力パンフに 歴史、伝統料理など4項目 飯舘中生

村の魅力が詰まったパンフレットを作成した飯舘中の生徒
 東京電力福島第一原発事故に伴い福島市飯野町の仮設校舎で学ぶ飯舘村の飯舘中の生徒は村の魅力を発信するパンフレット「飯舘村~自然と共に生きる村~」を作成した。
 村の復興を考える「ふるさと学習」の一環で、「ものづくり班・パンフレットチーム」の1~3年生13人が担当した。歴史、伝統料理、特産物、地図の4項目で構成している。
 歴史は村誕生からの歩みと東日本大震災後の飯舘中を巡る動きを載せた。お薦めの伝統料理として「柿のフルーツキムチ」の作り方を説明し、特産物として飯舘牛、雷峰いちご、トルコギキョウなどを紹介した。地図は手書きで、山津見神社や真野ダム、あいの沢など名所の位置を記した。
 菅野典雄村長の似顔絵やイラストを随所に入れ、親しみやすさを感じられるよう工夫した。作成に携わった佐藤優菜さん(3年)は「村外の人に見てもらい、村の良いところ、頑張っているところを知ってほしい」と願っている。

カテゴリー:2016 飯舘村

「2016 飯舘村」の最新記事

>> 一覧

59市町村応援プロジェクト 2016の最新記事

>> 一覧