59市町村応援プロジェクト

  • Check

「田善通り」石畳調に 歴史感じる街並みへ

石畳調に整備する田善通りの完成予想図
 須賀川市は東日本大震災からの復興の象徴として建設中の市役所新庁舎と市民交流センター「tette(てって)」を結ぶ市道「田善(でんぜん)通り」を景観に配慮した石畳調に整備する。江戸時代に奥州街道の宿場町として栄えた歴史を生かしたまちづくりの中核として平成30年の完成を目指す。
 整備するのは118号国道から市保健センター前までの約220メートルの区間。目の粗いアスファルト舗装に液体のセメントを流し、路面に切り目を入れて石畳に模した道路とする。道路の両側にある電柱を片側に集約して景観の向上を図るほか、新たに約2・5メートル幅の歩道を道路東側に設ける。
 田善通りは、須賀川出身で江戸時代後期に活躍した洋画・銅版画家の亜欧堂田善にちなんで名付けられた。通り沿いの市保健センターの前には田善の業績を顕彰する石碑と胸像がある。周辺には神炊館(おたきや)神社や長松院などの寺社仏閣が集中しており、散策路として新たな観光資源とする。
 須賀川は江戸時代に俳句文化が隆盛し、俳聖・松尾芭蕉が滞在した。市は震災前から118号国道の南側の南部地区を「風流の街」として整備を進めてきた。今後も宿場町の伝統が息づくまちづくりに力を入れる方針。橋本克也市長は「歴史が感じられる街並みに整備し、訪れる人が歩いて楽しめる須賀川の魅力を発信していきたい」としている。

カテゴリー:2017 須賀川市

「2017 須賀川市」の最新記事

>> 一覧

59市町村応援プロジェクト 2017の最新記事

>> 一覧