59市町村応援プロジェクト

  • Check

激辛レトルトカレー新商品名決定 道の駅ひらた 生地獄カレー

「生地獄カレー」(右から2個目)などをPRする高野駅長(右)ら
 平田村の道の駅ひらたが募集していた村産ハバネロを使った激辛レトルトカレー「ハバネロ戦隊カラインジャー」シリーズの新商品の名称が「生地獄(いきじごく)カレー」に決まった。通常の30倍の量のハバネロを使い、「カラインジャー史上最悪の辛さ」とうたっている。9日に発売する。
 道の駅は「カラインジャー」「激辛レッド」、グリーンカレーの「AKGグリーン」の3商品を販売している。現在最も辛い「激辛レッド」を超える商品を作り、2月中に利用者から名前を募集した。
 99点の作品が集まり、会津若松市の佐藤正彦さんが付けた「生地獄カレー」に決まった。内容量は200グラムで、価格は498円(税込み)。
 道の駅は発売に合わせてハバネロをモチーフにした帽子を作り、スタッフが着用している。高野哲也駅長は「かなり辛いです。自己責任で召し上がってください」と呼び掛けている。
 問い合わせは道の駅ひらた 電話0247(55)3501へ。

カテゴリー:2017 平田村

「2017 平田村」の最新記事

>> 一覧

59市町村応援プロジェクト 2017の最新記事

>> 一覧