59市町村応援プロジェクト

  • Check

相馬市に八重桜寄贈 震災から再建 高野稲荷神社に植樹 民報社

植樹式に臨む遠藤常務(右)、立谷市長(右から3人目)、立谷委員長(左から5人目)
 福島民報社は17日、県内市町村の地域づくりを後押しする「ふるさと大好き 59市町村応援プロジェクト」の一環で相馬市に八重桜を贈った。同日、市内原釜の高野稲荷神社(上人壇稲荷)で植樹式を行った。
 神社は津波被災者らでつくる「東部再起の会」を中心に高野稲荷神社復興委員会を発足させ、復興の象徴とすべく災害公営住宅敷地内に再建した。福島民報社の遠藤義範常務が「復興のシンボルとして美しい花が咲くことを期待している」とあいさつした。立谷秀清市長は「地域の名所になることを願う」と謝辞を述べた。復興委員会の立谷幸雄委員長は「住民の憩いの場にしたい」と述べた。東部再起の会の安達利郎会長、立谷幸一事務局長らが加わり苗木の根元に土を掛けた。
 プロジェクトは福島民報創刊125周年記念事業の一環。平成30年に南相馬市で開かれる全国植樹祭との連携事業として森林や里山保全の機運を盛り上げる。県と県森林・林業・緑化協会、県造園建設業協会、県農林種苗農協などの協力で県内市町村を巡っている。相馬市は56カ所目。
 全国植樹祭に向けた県実行委員会の「森林(もり)とのきずなづくり植樹リレー」のプレート引き継ぎ式も行った。

カテゴリー:2017 相馬市

「2017 相馬市」の最新記事

>> 一覧

59市町村応援プロジェクト 2017の最新記事

>> 一覧