59市町村応援プロジェクト

  • Check

町民体育祭10月復活 いわき開催町民200人参加想定

 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故前、双葉町で行われていた町民体育祭が10月、復活する。全国で避難生活を送る町民がスポーツを通して絆を強める。
 町民で組織した実行委員会が「ふたばスポーツフェスティバル2017」として、10月8日にいわき市錦町の南部アリーナで開く。参加人数は約200人を想定、5チームに分かれての対抗戦になる。日本オリンピック委員会(JOC)の協力で五輪出場経験を持つ選手5人も各チームの一員として競技を盛り上げる。種目は綱引き、玉入れ、◯×クイズ、宝探しなどで、年齢を問わず楽しめる内容になる。会場までの交通手段として仙台、新潟、関東方面などからバスを出し、途中の街を経由する。
 町民から復活を望む声が上がっていた。町スポーツ推進委員会も町民が集まって楽しめる催しの開催を検討し開催にこぎ着けた。
 事務局の町教育総務課主査の加村めぐみさん(39)は「スポーツを通した交流は本当に楽しいはず。みんなに笑顔になってほしい」と話した。

カテゴリー:2017 双葉町

「2017 双葉町」の最新記事

>> 一覧

59市町村応援プロジェクト 2017の最新記事

>> 一覧